シンフェーズT28錠

シンフェーズT28錠
製薬会社
科研製薬株式会社
主成分
ノルエチステロン
エチニルエストラジオール
剤形
淡青色(12錠)、白色(9錠)、だいだい色(7錠)の3種の同じサイズの錠剤(直径4.8mm、厚さ2.1mm、重量50mg)
シート記載
(表)シンフェーズT28錠(ノルエチステロン/エチニルエストラジオール)、日~土、スタート~第4週 (裏)SynphaseT28Tab. 服用に際しては、説明書をよくお読みください。
改定
2013年02月

シンフェーズT28錠に関するQ&A

作用・効能

  • 黄体ホルモン作用および卵胞ホルモン作用により、主として排卵を抑え、子宮内膜変化により着床を抑え、頸管粘膜変化により精子通過を阻害して、避妊効果を発揮します。
    通常、避妊に用いられます。
避妊剤に分類されるお薬

副作用

主な副作用として、不正性器出血、吐き気・嘔吐、頭痛、体重増加、浮腫、発疹、黄疸、視力障害などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 下肢の疼痛・浮腫、胸痛、頭痛
    [血栓症]
  • 呼吸困難、じんましん・かゆみ、血管浮腫(眼・口の周囲の腫れ)
    [アナフィラキシー]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

副作用の似たお薬

使用上の注意 (事前に医師・薬剤師に伝えるべきこと)

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。乳癌・子宮体癌・子宮頸癌・子宮筋腫またはその疑い、診断が確定していない性器出血、血栓性静脈炎・肺塞栓症・脳血管障害・冠動脈疾患またはその既往歴、35歳以上で1日15本以上の喫煙者、片頭痛、心臓弁膜症、糖尿病、血栓性素因、抗リン脂質抗体症候群、手術前4週間以内、手術後2週間以内、産後4週間以内、長期間安静状態、肝障害、肝腫瘍、脂質代謝異常、高血圧、耳硬化症、妊娠中に黄疸・持続性そう痒症または妊娠ヘルペスの既往歴、思春期前である。
  • 妊娠、妊娠している可能性がある、授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
使用上の注意の似たお薬

用法・用量

  • 通常、28日間を1周期として、毎日ほぼ一定の時刻(たとえば就寝前)に、月経が始まった次の日曜日から、淡青色の錠剤から指定された順番(はじめに淡青色の錠剤を毎日1錠ずつ7日間、次に白色の錠剤を9日間、次に淡青色の錠剤を5日間、次にだいだい色の錠剤を7日間)に、毎日1錠ずつ28日間服用します。2周期目(1周期開始29日目から)は、月経の有無にかかわらず、1周期目と同様に淡青色の錠剤から服用し始め、同様の方法で、避妊する期間繰り返し服用します。(錠剤は、最上列左端の淡青色の錠剤から、錠剤シートの矢印の方向に順に取り出してください。)服用を開始した最初の1週間は他の避妊法を併用してください。必ず指示された服用方法に従ってください。
  • 淡青色、白色の錠剤を飲み忘れた場合は、飲み忘れが1日であれば、気付いた時点で飲み忘れた1錠を直ちに服用し、さらにその日の分も通常どおりに服用してください。すなわちその日は2錠服用することになります。
    淡青色、白色の錠剤を2日以上連続して飲み忘れた場合は服用を中止し、次の月経を待って新しいシートで再び服用を開始してください。なお、この場合は妊娠する可能性が高くなるので、その周期は他の避妊法を使用してください。
  • 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。
用法・用量の似たお薬

生活上の注意

  • 心血管系の副作用の危険性が増大するので、禁煙してください。
  • 飲み始めに不正性器出血がおこることがあり、通常、服用継続中になくなりますが、長期間にわたって出血が続く場合は、医師に相談してください。
  • 激しい下痢や嘔吐が続いた場合は、薬が吸収されにくく、妊娠する可能性が高くなるので、他の避妊法を併用し、医師または薬剤師に相談してください。
  • 妊娠が疑われる場合には使用を中止してください。なお、2周期連続して月経が来なかった場合は妊娠している可能性がありますので、直ちに医師の診察を受けてください。
  • セイヨウオトギリソウを含有する食品はこの薬の効果を弱める可能性がありますので、控えてください。
  • 妊娠を希望する場合は、医師に相談してください。
  • HIV感染(エイズ)および他の性感染症を防止するものではないので、感染防止にはコンドームを使用してください。
生活上の注意の似たお薬

保存方法・その他

  • 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。
  • 薬が残った場合は、保管しないで廃棄してください。

関連するキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。