メトレレプチン皮下注用11.25mg「シオノギ」

メトレレプチン皮下注用11.25mg「シオノギ」
製薬会社
塩野義製薬株式会社
主成分
メトレレプチン(遺伝子組換え)
剤形
白色の塊状の注射用剤
改定
2013年07月

この薬について
今すぐ医師に質問できます

医師に相談する

作用・効能

  • 脂肪組織から分泌されるホルモンであるレプチンは、摂食を抑制し、エネルギーの消費を高めたり、インスリンの感受性を高めます。レプチン作用を補うことにより、糖代謝または脂質代謝を亢進させます。
    通常、脂肪萎縮症の治療に用いられます。
その他のホルモン剤(抗ホルモン剤を含む)に分類されるお薬

副作用

主な副作用として、注射部位反応(腫れ、痛み、かゆみ、発赤)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 蕁麻疹、全身性発疹、発熱
    [過敏症]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

副作用の似たお薬

使用上の注意 (事前に医師・薬剤師に伝えるべきこと)

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
使用上の注意の似たお薬

用法・用量

  • この薬は注射用水で溶解した後、使用します。
    通常、男性は体重1kgあたり主成分として0.04mg、18歳未満の女性は0.06mg、18歳以上の女性は0.08mgを1日1回皮下に注射します。初期用量としてそれぞれ体重1kgあたり0.02mg、0.03mg、0.04mgから始め、1ヵ月程度をかけて上記用量まで増量されます。年齢や症状により適宜減量されます。必ず指示された使用方法に従ってください。
  • あらかじめ医療機関で注射方法の教育訓練を十分に受け、確実に注射できると医師から判断された患者さんは自己注射を行うことができます。自己注射する場合は医師から十分に説明を受け、使用する前に「在宅自己注射説明書」を必ず読んでから使用してください。
  • 皮下注射をする部位はお腹、太ももなどで、毎回場所を変更してください。
  • 一度使用した注射針や注射器などは再使用しないでください。
  • 注射し忘れた場合は、医師または薬剤師の指示を受けてください。
  • 誤って多く注射した場合は、医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で注射するのを止めないでください。
用法・用量の似たお薬

生活上の注意

  • 高所作業や自動車の運転などの作業に従事しているときに低血糖を起こすと事故につながるおそれがありますので、低血糖症状(脱力感、手足の震え、発汗、動悸、めまいなど)に注意してください。
  • 授乳中の方は、この薬を使用している間は授乳を避けてください。
生活上の注意の似たお薬

保存方法・その他

  • 乳幼児、小児の手の届かないところで、外箱に入れたまま冷蔵庫内(2〜8℃)で保管してください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。廃棄については受け取った薬局や医療機関に相談してください。

関連するキーワード

この薬について
今すぐ医師に質問できます

医師に相談する

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。