プロボコリン吸入粉末溶解用100mg

プロボコリン吸入粉末溶解用100mg
製薬会社
株式会社三和化学研究所
主成分
メタコリン塩化物
剤形
白色の粉末(用時溶解の吸入製剤)
シート記載
プロボコリン吸入粉末溶解用100mg
改定
2016年04月

プロボコリン吸入粉末溶解用100mgに関するQ&A

作用・効能

  • アセチルコリン受容体に作用し、気管支平滑筋の収縮および気管支分泌物の増加を引き起こします。
    通常、気管支喘息の診断や重症度の評価などの際の気道過敏性検査に用いられます。
その他の診断用薬(体外診断用医薬品を除く)に分類されるお薬

副作用

主な副作用として、咳、呼吸困難、喘鳴(ヒューヒュー音)、呼吸音異常、息詰まり感などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 呼吸をしにくい、動くと呼吸しにくい
    [呼吸困難]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

副作用の似たお薬

使用上の注意 (事前に医師・薬剤師に伝えるべきこと)

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。気流制限(息が吐き出しにくい)、明らかな呼吸困難、喘鳴(ヒューヒュー音)の症状がある。3ヵ月以内に心筋梗塞、脳梗塞の発症がある。高血圧、脳動脈瘤、大動脈瘤がある。甲状腺機能亢進症、徐脈を伴う心血管系疾患、消化性潰瘍疾患、アジソン病、消化管閉塞、尿路閉塞、てんかん、パーキンソニズム、迷走神経亢進状態、重症筋無力症がある。同日に気道過敏性検査を実施した。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
使用上の注意の似たお薬

用法・用量

  • 通常、0.039〜25mg/mLの範囲の適切な希釈系列の希釈液を低濃度よりネブライザーを用いて吸入します。必ず指示された吸入方法に従ってください。
  • 本剤は検査専用の気管支収縮薬であり、気道過敏性検査に吸入でのみ使用します。
用法・用量の似たお薬

生活上の注意

    保存方法・その他

      関連するキーワード

      今すぐ医師に
      質問できます

      Q回答している人は誰ですか?
      人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
      Q登録後すぐに質問できますか?
      質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。