病気の医療相談なら、医師に相談できるAskDoctors 「アスクドクターズ」

お薬事典

インスリン グラルギンBS注キット「FFP」に関するQ&A

インスリン投与について

医師の診断でインスリン投与をするようにすすめられました。インスリンを投与することになると、一生打ち続けないと駄目なんでしょうか?食事療法により現在インスリンを投与していても、以後投与が必要無くなることはないのでしょうか? 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:9件

インスリン抵抗性

インスリンがたくさん打っても下がらないです。今まで普通のインスリンだったのに急にです。インスリン抵抗性ならどんな治療ありますか。 (60代/男性) 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:2件

インスリンの打ち忘れ

夕方のインスリンうち忘れた場合は、どのような対処が必要ですか?朝のインスリンは指示量いくんですか? (20代/女性) 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:3件

インスリンについて

寝る前のインスリンを打たないといけないのに間違えて食前のインスリン打ってしまいました。どうしたらいいですか? (30代/女性) 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:2件

インスリン作用について

インスリン作用について、例えば、食事を1日1食にしてその1食を多く食べるとインスリンの分泌は多くなりますか? また食事の最初に野菜を食べるとインスリンの過剰分泌は抑えられると聞い 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:2件


作用・効能

  • 細胞内への糖の取り込み、肝臓での糖新生の抑制、および肝臓、筋肉におけるグリコーゲン合成の促進作用などにより血糖値を下げます。
    通常、インスリン療法が適応となる糖尿病の治療に用いられます。

その他のホルモン剤(抗ホルモン剤を含む)に分類されるお薬


副作用

主な副作用として低血糖、糖尿病網膜症の顕在化または増悪が報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 冷や汗がでる、空腹感、手足のふるえ、意識障害
    [低血糖]
  • 発赤、呼吸困難、血圧低下、意識消失、胸痛
    [ショック、アナフィラキシー]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

副作用の似たお薬


使用上の注意 (事前に医師・薬剤師に伝えるべきこと)

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。低血糖の症状がある。下痢や嘔吐などの胃腸障害、風邪などで食事が十分に摂れていない。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

使用上の注意の似たお薬


用法・用量

  • 通常、成人は、初期は1日1回4〜20単位を皮下注射しますが、ときに他のインスリン製剤を併用することがあります。注射時刻は朝食前または就寝前のどちらかで、毎日一定としてください。注射量は、症状および検査所見に応じて増減されますが、その他のインスリン製剤の注射量を含めた維持量は、通常1日4〜80単位です。ただし、必要により80単位を超えて使用することがあります。必ず指示された注射方法に従ってください。
  • 使用開始前にインスリン製剤のラベルを確認し、他のインスリン製剤と取り間違えないように注意してください。
  • JIS T3226-2に準拠したA型専用注射針を用いて使用してください。
  • A型専用注射針の装着時に液漏れなどの不具合が認められた場合には、新しい注射針に取り替えてください。
  • 注射針は毎回新しいものを必ず注射直前に取り付けてください。
  • 皮下注射は、上腕部、大腿部、腹部、腰部などに行いますが、同一部位内で注射する場合は前回の注射場所より2〜3cm離して注射してください。静脈を避けて注射してください。
  • 1本の製剤を他の人と共用しないでください。
  • 注射を忘れた場合は担当の医師に相談してください。絶対に2回分を一度に注射してはいけません。
  • 誤って多く注射した場合は、医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で注射を止めないでください。

用法・用量の似たお薬


生活上の注意

  • 指示された食事療法・運動療法をきちんと守ってください。
  • 高所での作業や自動車の運転など、危険を伴う作業に従事しているときに低血糖を起こすと、事故につながるおそれがありますので、特に注意してください。
  • 食事を摂らなかったり、激しい運動をすると、低血糖を起しやすく、低血糖が続くと死亡事故につながることがあります。
  • 低血糖の予防と処置法(症状がみられたら直ちに砂糖、ジュースなどを補給する)に十分注意し、必ず家族やまわりの方に知らせておいてください。

生活上の注意の似たお薬


保存方法・その他

  • 乳幼児、小児の手の届かないところで保管してください。
  • 未使用の本剤は凍結を避け、2〜8℃で遮光して保管してください。冷蔵庫から出して皮下注射する場合は室温に戻してから使用してください。
  • 使用開始後は冷蔵庫に保存せず、光、凍結を避けて保管してください。
  • 使用開始後4週間を超えたものは使用しないでください。
  • 廃棄については受け取った薬局や医療機関に相談してください。


AskDoctors「アスクドクターズ」は、国内最大級の医師会員を持つエムスリーが運営する医師相談サービスです。

  • 24時間受付
  • 匿名で質問可能
  • 医師2,000
  • 1,000万件以上のQ&A
  • スマートフォン対応
会員登録
  • 24時間受付
  • 匿名で質問可能
  • 医師2,000
  • 1,000万件以上のQ&A
会員登録
  • 医師に相談Q&A現役の医師があなたの疑問を解決。過去の質問も検索できます。医師に相談 〉
  • アンケート気になる疑問を選択式で会員に質問。みんなの考えがわかります。みんなに質問 〉
  • スマートフォンでもQ&Aや生理日予測などが利用できます。お支払いも便利。

本サイトのサービスは医学・医療情報の提供を目的としているものであり、診療行為またはこれに準ずる行為を目的として利用することはできません。このサービスにおける医師による返答は治療行為ではありません。ユーザーはこのことを十分認識した上で自己の責任においてこのサービスを利用し、必要ならば適切な医療機関の受診等、自身の判断で行ってください。実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でもエムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

AskDoctorsのグループサイト

医知恵
病気に関する疑問や不安を専門医と同じ悩みを持つ会員の知恵で解決できる知恵共有サイトです。
医知恵乳がん トップ医知恵更年期 トップ
AskDoctors
一般生活者向け健康商品・サービスにおいて、医師の意見を取り込んだ商品開発や商品評価を実施するサービスです。
AskDoctors総研 トップ商品詳細AskDoctors総研について

ご本人確認のため、登録情報に誤りがないかご確認ください。

登録情報を確認する 今はしない