ブイフェンド錠50mg

ブイフェンド錠50mg
製薬会社
ファイザー株式会社
主成分
ボリコナゾール
剤形
白色の錠剤、直径7.0mm、厚さ3.6mm
シート記載
VFEND 50mg、Pfizer VOR50、ブイフェンド 50mg
改定
2016年03月

ブイフェンド錠50mgに関するQ&A

作用・効能

  • 真菌(カビの一種)の細胞膜成分の生合成を阻害することにより、体内の真菌感染症に効果を示します。
    通常、重症・難治性の真菌感染症(アスペルギルス症、カンジダ症、クリプトコックス症など)の治療や造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防に用いられます。
主としてカビに作用するものに分類されるお薬

副作用

主な副作用として、羞明(まぶしく見える)、視覚障害、吐き気、嘔吐、頭痛、霧視(目がかすむ)、肝障害、食欲不振、不眠、幻覚、腎障害、発疹、色覚異常、視力障害などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 冷や汗、顔色が青白くなる、息苦しい
    [ショック、アナフィラキシー]
  • 高熱、皮膚が赤くなる、口内炎
    [中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑]
  • 体がだるい・食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる、昏睡
    [肝障害]
  • 胸が痛い、動悸、脈が乱れる
    [心電図QT延長、心室頻拍、心室細動、不整脈、完全房室ブロック]
  • 体がだるい、呼吸困難、全身のむくみ
    [心不全]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

副作用の似たお薬

使用上の注意 (事前に医師・薬剤師に伝えるべきこと)

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。肝機能が低下している、不整脈があるおよび不整脈を発現しやすい状態にある。
  • 妊娠、妊娠している可能性がある、授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
使用上の注意の似たお薬

用法・用量

  • 成人(体重40kg以上):通常、初日に1回6錠(主成分として300mg)を1日2回、2日目以降は1回3錠(150mg)または4錠(200mg)を1日2回食間に服用します。治療を受ける疾患や状態に応じて、または効果不十分の場合には増量されることがありますが、初日服用量の上限は1回8錠(400mg)を1日2回まで、2日目以降の服用量の上限は1回6錠(300mg)を1日2回までです。
    成人(体重40kg未満):通常、初日に1回3錠(主成分として150mg)を1日2回、2日目以降は1回2錠(100mg)を1日2回食間に服用します。治療を受ける疾患や状態に応じて、または効果不十分の場合には2日目以降、1回3錠(150mg)を1日2回まで増量されることがあります。
    小児(2歳以上12歳未満および12歳以上で体重50kg未満):通常、ボリコナゾール注射剤が使用された後、1回主成分として9mg/kgを1日2回食間に服用します。治療を受ける疾患や状態に応じて、または効果不十分の場合には1mg/kgずつ増量されることがありますが、服用の上限は1回7錠(350mg)を1日2回までです。また、忍容性が不十分の場合(飲み続けられない場合)には1mg/kgずつ減量されることがあります〔最大服用量として1回7錠(350mg)を服用した場合は1回1錠(50mg)ずつ減量されます〕。
    小児(12歳以上で体重50kg以上):通常、ボリコナゾール注射剤が使用された後、1回4錠(主成分として200mg)を1日2回食間に服用します。治療を受ける疾患や状態に応じて、または効果不十分の場合には1回6錠(300mg)を1日2回まで増量されることがあります。
    本剤は1錠中に主成分50mgを含有します。いずれの場合も、必ず指示された服用方法に従ってください。
  • 飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く飲んでください。ただし、次に通常に服用する時間が近い場合は飲まずに、次の服用時間から1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
  • 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。
用法・用量の似たお薬

生活上の注意

  • まぶしく見える、目がかすむ、ものが見えにくいなどがあらわれ、服用中止後も症状が持続することがあります。服用中および服用中止後もこれらの症状が回復するまでは、車の運転などの危険を伴う機械操作はさけてください。
  • 光線過敏性反応(光にあたった部分が赤くなるなど)があらわれることがありますので、服用中は長袖の衣服、帽子などの着用により日光の照射をさけ、日焼け止め効果の高いサンスクリーンの使用により紫外線の照射をさけてください。
  • セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズワート)を含む食品などは、薬の作用に影響を与える可能性がありますので、取らないでください。
生活上の注意の似たお薬

保存方法・その他

  • 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。廃棄については受け取った薬局や医療機関に相談してください。

関連するキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。