タルセバ錠150mg

タルセバ錠150mg
製薬会社
中外製薬株式会社
主成分
エルロチニブ塩酸塩
剤形
白色~黄白色の錠剤、直径約10.5mm、厚さ約5.4mm
シート記載
T150 タルセバ150mg
改定
2019年05月

この薬について
今すぐ医師に質問できます

医師に相談する

タルセバ錠150mgに関するQ&A

作用・効能

  • がん細胞の増殖に必要なEGFRというたんぱく質の働きを選択的に抑えることにより、非小細胞肺がんの増殖を抑えます。
    通常、切除不能な再発・進行性で、がん化学療法施行後に増悪した非小細胞肺癌、EGFR遺伝子変異陽性の切除不能な再発・進行性で、がん化学療法未治療の非小細胞肺癌の治療に用いられます。
その他の腫瘍用剤に分類されるお薬

副作用

主な副作用として、ざ瘡様皮疹などの発疹、下痢、皮膚乾燥・皮膚亀裂、そう痒症などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 咳、息切れ、息苦しい、発熱、痰、呼吸がはやくなる、脈が速くなる、手足の爪が青紫〜暗紫色になる、唇が青紫色になる
    [間質性肺疾患(間質性肺炎、肺臓炎、放射線性肺臓炎、器質化肺炎、肺線維症、急性呼吸窮迫症候群、肺浸潤、胞隔炎等)]
  • 体がだるい、吐き気、嘔吐、食欲不振、発熱、上腹部痛、白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる、体がかゆくなる、尿の色が濃くなる、意識の低下、お腹が張る、急激に体重が増える、血を吐く、便に血が混じる(鮮紅色〜暗赤色または黒色)、疲れやすい、力が入らない
    [肝炎、肝不全、肝機能障害]
  • 何度も水のような便が出る、下腹部の痛み、体がだるい、発熱
    [重度の下痢]
  • 尿量が減る、むくみ、体がだるい
    [急性腎障害]
  • 発熱、全身の発赤、皮膚・粘膜のただれ、水ぶくれ、にきびのような発疹、爪のまわりの痛み・熱感・赤み・腫れ、皮膚の乾燥、皮膚のひび割れ、皮膚に穴ができた状態、かゆみ
    [重度の皮膚障害]
  • 発熱、目の充血やただれ、唇や口内のただれ、円形の斑の辺縁部にむくみによる環状の隆起を伴ったものが多発する、皮膚が広い範囲で赤くなり、破れやすい水ぶくれが多発、粘膜のただれ、関節や喉の痛み
    [皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、多形紅斑]
  • 吐き気、嘔吐、寒気、発熱、激しい腹痛、ふらつき、息切れ、意識の低下、吐いた物に血が混じる(赤色〜茶褐色ときに黒色)、腹痛、胃がむかむかする、黒い便が出る、便に血が混じる
    [消化管穿孔、消化管潰瘍、消化管出血]
  • 急速な視力の低下、目のかすみ、目の痛み、目の異物感、まぶしい、涙がでる、あたたかい涙、目の充血、視力の低下
    [角膜穿孔、角膜潰瘍]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

副作用の似たお薬

使用上の注意 (事前に医師・薬剤師に伝えるべきこと)

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。間質性肺疾患(間質性肺炎、肺臓炎、放射線性肺臓炎、器質化肺炎、肺線維症、急性呼吸窮迫症候群、肺浸潤、胞隔炎など)、肺感染症、消化管潰瘍、腸管憩室、または以前にそれらになったことがある。肝臓に障害がある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
使用上の注意の似たお薬

用法・用量

  • 通常、成人は1日1回1錠(エルロチニブとして150mg)を食事の1時間以上前または食後2時間以降に服用しますが、症状により適宜減量されます。必ず指示された服用方法に従ってください。
  • 副作用が強くでる可能性があるため、食事の1時間前から食後2時間までの間の服用は避けてください。
  • 飲み忘れた場合は、空腹時に1回分を飲んでください。ただし、次に飲む時間が近い場合は1回とばして、次の時間に1回分飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
  • 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。重度の下痢、発疹、ALT(GPT)、AST(GOT)の上昇などがあらわれることがあります。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。
用法・用量の似たお薬

生活上の注意

  • この薬により重篤な副作用があらわれることがあるので、注意すべき点などについて十分理解できるまで説明を受けてください。
  • この薬により、間質性肺疾患、発疹、下痢、角膜穿孔、角膜潰瘍などの副作用があらわれることがあります。この薬の使用中に、息切れ、呼吸困難、咳、発熱、発疹、下痢、眼の痛みなどの症状があらわれたり、それらの症状が重くなったように感じた場合は、ただちに受診してください。
  • 妊娠する可能性のある人は避妊してください。
  • 授乳を中止してください。
  • グレープフルーツジュース、セイヨウオトギリソウを含有する食品、タバコ(喫煙)はこの薬に影響しますので、控えてください。
生活上の注意の似たお薬

保存方法・その他

  • 直射日光と湿気を避けて、子どもの手の届かないところに室温(1〜30℃)で保管してください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。廃棄については受け取った薬局や医療機関に相談してください。

関連するキーワード

この薬について
今すぐ医師に質問できます

医師に相談する

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。