リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%

リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%
製薬会社
塩野義製薬株式会社
主成分
ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム
剤形
無色澄明の点眼・点耳・点鼻剤
改定
2011年09月

この薬について
今すぐ医師に質問できます

医師に相談する

リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%に関するQ&A

作用・効能

  • 合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)で、炎症による目、耳、鼻のかゆみ、赤み、はれなどの症状を改善します。
    通常、眼科領域では眼瞼炎、結膜炎などの炎症性疾患、耳鼻科領域では外耳炎、中耳炎、アレルギー性鼻炎などの炎症性・アレルギー性疾患の治療に用いられます。
眼科用剤に分類されるお薬

副作用

主な副作用として、刺激感などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

  • (連用したとき)吐き気、目の痛み、視力の低下、頭痛
    [緑内障]
  • まぶしい、涙がでる、目の異物感
    [角膜ヘルペス、角膜真菌症、緑膿菌感染症の誘発]
  • (角膜ヘルペス、角膜潰瘍または外傷などに使用したとき)目のかすみ、涙がでる、まぶしい
    [穿孔]
  • (長期に使用したとき)目のかすみ、まぶしい、視力の低下
    [後嚢白内障]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

副作用の似たお薬

使用上の注意 (事前に医師・薬剤師に伝えるべきこと)

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。角膜上皮剥離、角膜潰瘍、ウイルス性結膜・角膜疾患、結核性眼疾患、真菌性眼疾患、化膿性眼疾患,耳または鼻に結核性またはウイルス疾患がある。 
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬を使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、大衆薬も含めて他に使用中の医薬品に注意してください)。
使用上の注意の似たお薬

用法・用量

  • 点眼:通常、1回1〜2滴を1日3〜4回点眼します。
    点耳・点鼻など
    :通常、1日1〜数回、適量を点耳、点鼻、耳浴、ネブライザーまたはタンポンにて使用するか、または患部に注入します。
    いずれの場合も、治療を受ける疾患や症状により適宜増減されます。必ず指示された使用方法に従ってください。
  • 使用する前に手を洗ってください。
    点眼
    :上を向いて、人差し指で下まぶたを引き薬を目にさします。さした後1〜2分間は目を閉じたまま、まばたきをしないでください。2種類以上の薬をさすときは、少なくとも2〜3分、できれば5分以上の間隔をおいてから目にさしてください。
    点耳
    :薬をさす耳を上にし薬を耳にさします。通常は2〜3分間そのままの姿勢でいてください。
    点鼻
    :鼻が上を向くようにし薬を鼻にさします。通常は2〜3分間そのままの姿勢でいてください。
    あふれた薬は清潔なガーゼやティッシュペーパーなどでふきとってください。
  • 薬を使用する時は、容器の先が目や耳や鼻に触れると汚染につながるおそれがあるため触れないようにしてください。
  • 薬を使用後は汚染しないようにしっかりふたをしめてください。
  • 使い忘れた場合は、気がついたときにすぐに使用してください。ただし、次に使用する時間が近いときは、1回とばしてください。
  • 誤って多く使った場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で使うのを止めないでください。
用法・用量の似たお薬

生活上の注意

    保存方法・その他

    • 乳幼児、小児の手の届かないところで、光、湿気を避けて室温(1〜30℃)で保管してください。
    • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。

    関連するキーワード

    この薬について
    今すぐ医師に質問できます

    医師に相談する

    今すぐ医師に
    質問できます

    Q回答している人は誰ですか?
    人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
    Q登録後すぐに質問できますか?
    質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。