病気の医療相談なら医師に相談できるAskDoctors[アスクドクターズ]
> > 消化管出血

消化管出血

しょうかかんしゅっけつ

消化管出血の概説

 消化管出血とは、食道から直腸までに起きる出血を指します。上部消化管出血(口に近いほうの出血)で頻度の高いものは、胃潰瘍(かいよう)・十二指腸潰瘍(以下、胃・十二指腸潰瘍)、食道静脈瘤(りゅう)・胃静脈瘤(以下、食道・胃静脈瘤)、出血性胃炎、マロリーワイス症候群、胃ガン・食道ガン、食道炎・食道潰瘍です。下部消化管出血(肛門に近いほうの出血)で頻度の高いものは、痔核出血、結腸直腸(大腸)ガン・ポリー...続きを読む

消化管出血の症状

 症状としては吐血(とけつ)や下血(げけつ)になります。吐血というのはまさに「血を嘔吐(おうと)する」ということです。「喀血(かっけつ)」というのは気管支・肺のほうからの出血を指し、通常、咳とともに出ますので区別ができます。喀血の色は通常鮮紅色ですが、吐血の場合は「どす黒い」ことが多く、赤い場合にはよほど大量の出血か、胃より口側(要するに食道周囲)の出血と考えられます。下血は、鮮紅色の場合と、墨の...続きを読む

消化管出血の診断

 吐血・下血を確認できたら「消化管出血」と診断できます。ただし、原因については、胃カメラや、大腸鏡などのような内視鏡を使用した検査にてやっと判明します。前述のようなそれ以外の症状の場合には、血圧の低下・脈拍の上昇、採血で貧血の進行や、血中尿素窒素という腎機能の値の上昇が診断の参考になります。
 ベテランの医師でも診断が困難なことがありえます。続きを読む

消化管出血の受診のコツ

緊急を要する病状・病気のため、直ちに救急車を呼んで下さい。

消化管出血の標準治療

 消化管出血の一般的な治療として、初期治療は輸液(点滴)を行い、さらに必要があると判断された場合には輸血を行って救命処置をします。輸血はむやみやたらに行うべきではありませんが、出血が大量である場合には救命のために最小の量は使う必要があることがあります。
 胃・十二指腸潰瘍からの出血の場合には、点滴剤にて胃酸分泌を抑制する薬剤(プロトンポンプインヒビター・H2-ブロッカー...続きを読む

消化管出血の予後

消化管出血の生活上の注意

(執筆者: 木村裕之
AskDoctorsにログイン
次回から入力を省略
Yahooウォレットでお支払いの方、Yahooからだ相談から移行した方はこちらからログインしてください
Yahoo! JAPAN IDでログイン
AskDoctorsはネット上で気軽にお医者さんに相談できるサービスです。ご利用には有料の登録が必要となります。
会員登録
モバイル版もあります!
http://askd.jp/
モバイル版紹介ページ