病気の医療相談なら医師に相談できるAskDoctors[アスクドクターズ]
> > > アナフラニール錠25mg[遺尿症治療剤]

アナフラニール錠25mg[遺尿症治療剤]

製薬会社:アルフレッサ ファーマ株式会社
アナフラニール錠25mg[遺尿症治療剤]
主成分
クロミプラミン塩酸塩
剤形
白色の錠剤、直径6.0mm、厚さ3.6mm
識別コード
611170028
シート記載
アナフラニール25mg、NF327(容器上面のラベルに記載)
改定
2008年3月

このお薬に関するQ&A

質問タイトル
更新日時
 
今年の三月から、吐き気と頭重の為、就寝前にアナフラニール錠一錠とドグマチール錠1錠を服用しています。症状は収まりましたが、暫くは服用します。 ただ、便秘気味になっています。以前便秘薬を飲んで下痢をしました。副作用の対処法があれば教えてくださいませ。 (50代/女性)
4月に受診していた病院が閉院し違う医院を紹介されました。(前回書かせていただきました。) 朝アナフラニール10mg・ピレチア(前医院ではヒベルナ)5mg 夜アナフラニール10mg。ピレチア5mg 寝る前ピレチア5mgヒルナミン5mg(前医院ではレボトミン5mg)ネルロレン5mg(前医院ではベンザリン5mg)を処方されています。引き受けてくださった先生が循環器の先生なので、精神科のある都市にでてみました。そこの先生は処方を変更してくださり朝 サインバルタ20 1錠 就寝前 ルネスタ 1錠 ニトロゼパム10 1錠 サイレース2 1錠に変更してくださいました。アナフラニールの副作用も軽減され喜んでいました。夜も6時間ほど眠れていましたが3か月たついま、何回も目が覚めるようになりました。調子は良いのですが何回も目が覚めるのは一過性のものなのでしょうか?サインバルタの離脱作用がすごいと聞きますが、アナフラニールは15年ほど飲んでいました。 (60代/女性)
私は強迫性障害でフルボキサミンマレイン酸塩とメデポリンとアナフラニールを飲んでいます。 いつも薬を飲むのですが、薬を飲んだ際に薬を素手で触ります。その触った手は洗った方がいいんでしょうか。洗わない手で電気のスイッチやドアノブなど触った場合、他の人が触ったら何か問題ありますか??とても心配です。 (20代/女性)
先月末からアナフラニールが減薬になりました。今はリスパダールと頓服薬レキソタンを服用しています。 アナフラニールを止めて2日後くらいから頭鳴り?(耳ではなく頭の中)がしました。写真を連写してるように細切れに感じ見えます。特に目を動かす時になります。 10日ほど続きましたがだんだん軽くなってきています。 先日、心療内科で話しましたが様子を見てみようと言われました。 アナフラニールと関係があるかどうかはわからないと言われました。 このまま頭鳴りは続くのか気になります。 また他に原因があるのでしょうか? (40代/女性)
現在30代後半の独身女です。 家族構成は、父は私が6歳の時にガンで他界、母60代、姉は既婚、私、妹は未婚、弟は既婚(子供2人)です。 18歳の時にパニック発作と診断され、その後うつ症状など診断が変わり、現在は不安神経症・心身症のような診断になっています。約20年かけて通院し、現在の薬は朝・アナフラニール1ミリ、夜・メイラックス(またはジェネリック薬)1ミリです。 ○徐々に減薬していきたいのですが、どのように減薬していくのがおすすめでしょうか?(病院の先生は自分で勝手に調整していいと仰っていますが、調整の仕方がよく分かりません。。) ○この薬の量は多いでしょうか? ○今となっては人格障害のようなものではなかったかとおもっています。衝動的な怒り、人間関係をうまく保てない、ゆえに職場では人間関係を考えすぎて空回り・ストレスで続かない、金銭コントロールがうまくいかない、不安になった時の母への依存心など。今はほとんど落ち着いていますが、こういう場合セラピーなどに通ったほうがいいでしょうか? ○現在故郷に帰ることも考えていますが、母に甘えてしまわないか(依存的)という不安と、せっかく苦労して東京の国立大学をでたし、なんとか1人暮らしをしながら自立したいという悔しい思いとで、中々東京を去る決断ができません。こういう状態の場合、安心できる場所(実家)で治療?した方がよいのでしょうか? たくさんお伺いして申し訳ありませんが、お医者さんとは毎回あまり話す時間がなく、ここで質問させて頂きました。どうぞよろしくお願いいたします。 (30代/女性)

よく見られる症状

作用と効能について

抗コリン作用により、膀胱筋を緊張させ、特に子供の夜尿などの無意識な尿漏れを防ぎます。 
通常、遺尿症の治療に用いられます。             

使用上の注意 (事前に医師・薬剤師に伝えるべきこと)

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。緑内障、眼内圧亢進、心臓疾患、尿閉、排尿困難、甲状腺機能亢進症、痙攣性疾患、躁うつ病、脳の器質障害、統合失調症、副腎髄質腫瘍(褐色細胞腫、神経芽細胞腫)、肝障害、腎障害、低血圧、便秘がある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬を使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、大衆薬も含めて他に使用中の医薬品に注意してください)。

用法・用量

生活上の注意

副作用

保存方法・その他

AskDoctorsにログイン
次回から入力を省略
AskDoctorsはネット上で気軽にお医者さんに相談できるサービスです。ご利用には有料の登録が必要となります。
会員登録
モバイル版もあります!
http://askd.jp/
モバイル版紹介ページ