病気の医療相談なら医師に相談できるAskDoctors[アスクドクターズ]
> > > メチコバール錠500μg

メチコバール錠500μg

製薬会社:エーザイ株式会社
メチコバール錠500μg
主成分
メコバラミン
剤形
白色の錠剤、直径7.3mm、厚さ4.0mm
識別コード
613130595
シート記載
メチコバール 500 E322(容器上面のラベルに記載)
改定
2013年8月

このお薬に関するQ&A

質問タイトル
更新日時
 
薬の飲み合わせで相談させていただきます。 現在、心療内科と皮膚科、産婦人科に通っております。 最近、立ちくらみ(立ち上がったりする時によく起こります) 頭痛、たまに目眩と脱力感そして、手足の痺れ、全身が脈を打つ感じが続いたため、血液検査をしました。 結果として、赤血球数505/ヘマトクリット45.6 総コレステロール224/中性脂肪345/血清鉄219とこれらが高いとの事でした。 (身長160cm体重50kg前後です) とりあえず、また血液検査をして様子をみる形になりましたが、現在の薬の飲み合わせが大丈夫かどうか再確認したいと思います。 シナール・メチコバール500・ガスモチン錠・アデホスコーワ20mg・サイレース・ピドキサール30・ハイボン・ヤーズ (ニキビがひどい時だけルリッド) 先日の血液検査によりツムラの桔梗湯が追加されました。 各先生方が処方して下さっているものなので大丈夫だと思いますが、不安点として、貧血ではなかったのにアデコスコーワを服用しても大丈夫かどうか、また、ピルの服用も継続して大丈夫か、飲み合わせが大丈夫という点です。 お忙しい中恐れ入りますが、ご回答の程よろしくお願いいたします。 (30代/女性)
こんばんは。6年前に左耳が突発性難聴発症してから治療1ケ月後聴力はやはり回復せず50dB唯一普通に聞こえていた右耳が4月10日夜周りの音が聞こえないくらいの耳鳴りになりました。土曜日耳鼻科に行きましたが総合病院への紹介状と土日に飲むプレドニン、メチコバール、アデホスコーワ、ガスターを処方してもらい月曜日総合病院に行きました。多分突発性難聴かも一応CTと血液検査しましょう。と言われCT、血液検査の結果次第での点滴だと思って居たのでその旨看護師さんに診察は無いのか聞いて貰うと「先生はとにかく点滴してくださいって言ってます」の一点張りで結果も解らず少し不安なまま昨日は点滴して帰りました。今日で通院2日目なのですが、右耳の閉塞感が余計強く感じるようになったのでまた看護師さんに「医師の診断を受けたいのですが」との意思を医師に伝えて貰っても医師からの返答は「次の診察は2週間後ですから点滴と出された薬を飲んでて下さい」と門前払い。 治療の過程で前より悪くなるということはあるのでしょうか?今左耳50デシベルで右耳70デシベルでテレビも聞こえません。周りの会話にも入れません。とにかくどうにか治したいのです。がまた突発性難聴でしたら3分1は回復は難しいと聞きました。このまま右耳も回復は難しいのでしょうか。よろしくお願いいたします。 (40代/女性)
今、整形外科で頚椎症の薬を飲んでいます。ノイロトロピン錠4単位、メチコバール錠500、ビタノイリンカプセル25です。毎食後に服用しています。朝、鼻水がよくでるので、市販薬のパピコム 鼻炎薬を飲んでます。一緒に、飲んでも大丈夫ですか?宜しくお願いします。 (30代/女性)
左耳の中耳炎になり、中耳炎は完治したのですが耳の閉塞感がとれません。2度目の受診の時に先生に話した所、聴力検査と鼓膜の動きを検査してくれたのですが異常なしでした。 2度目の時はメチコバールとムコダインを処方していただき治ったら辞めて下さいと言われたのですが治りません。 気にしすぎでしょうか。 (30代/女性)
1時間ぐらい前からふらつきがあり元々、血圧が高めなので 血圧を測ったら上が176下が106でした。 数年前ではアルダクトン25を1日1回服用していましたが ここ数年は血圧も安定していたので薬は飲んでいません。 3カ月ぐらい前から神経痛でソレトン80、メチコバール500 レバミピド100、リリカカプセル75を服用しています。 今は安静にして前の薬(アルダクトン)が残っていたので それを服用しています。ふらつきだけで頭痛や気持ち悪さはありません。 寒暖の差が激しかったり体調によってふらつきは前にもありますが ここまで血圧が上昇した事は無いようです。 このまま様子を見た方がいいのか、病院へ連れて行った方がいいのか 対処法が分からないです。 今飲んでいる薬の副作用の可能性はありますか? 対処法教えて下さい。よろしくお願いします。 (70代以上/女性)

よく見られる症状

作用と効能について

神経の核酸・蛋白合成を促進し、軸索再生、髄鞘形成を促すことにより、傷ついた末梢神経を修復してしびれ、痛みなどを改善します。
通常、末梢性神経障害の治療に用いられます。

使用上の注意 (事前に医師・薬剤師に伝えるべきこと)

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量

生活上の注意

副作用

保存方法・その他

AskDoctorsにログイン
次回から入力を省略
AskDoctorsはネット上で気軽にお医者さんに相談できるサービスです。ご利用には有料の登録が必要となります。
会員登録
モバイル版もあります!
http://askd.jp/
モバイル版紹介ページ