すべて

けいりゅう流産に該当するQ&A

Q

33歳の時に初めて妊娠、出産。帝王切開で元気な男の子が生まれました。 35歳の時に2度目の妊娠。8週で心拍確認しましたが、10週頃にけいりゅう流産と診断され、そうは手術を受けました。痛みや出血などない状態での流産でした。 39歳の時に3度目の妊娠。たいのうしか確認できず、出血もあり、けいりゅう流産と診断され、そうは手術を受けました。ダクチランとデュファストンを処方され安静を指示されましたが流産しました。 41歳の時に4度目の妊娠。何度か出血があり、8週で心拍を確認しましたが、翌週にけいりゅう流産と診断され、そうは手術を受けました。前回と同じ薬で安静を指示されましたが流産しました。 初期の流産は原因不明が多いと聞きますが、3回続くとやはり何か原因があるのかと思ってしまいます。 詳しい検査を受けたければ大学病院と相談とのことですが、具体的にどんな検査をするのか教えていただけませんでした。 「前回の流産の時に、病院でできる検査はしたが特に原因は見つからなかった」というようなことも言われましたが、それがどんな検査だったのかも詳しく話していただけませんでした。 妊娠がわかる前から薬を飲む方法もあると言われましたが、その詳しい説明もありませんでした。 質問してもあまり説明くださらない先生で、いろいろなことがモヤモヤしています。 流産する直前に42になり、もう諦めた方がいいのか迷っています。 1「大学病院での詳しい検査」の内容 2「妊娠する前から薬を飲む」という方法 この2点を特にお聞きしたいです。他に何か気づいた点などあれば教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。 (40代/女性)

検索対象

  • すべて
  • Q&A

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。