すべて
Q&A

パーキンソン症候群に該当するQ&A

Q

80歳の母が、今年3月から慢性腎不全で透析治療を開始されました。当初、肺炎を悪化させ敗血症となり、命の危険も伴っていましたが、透析治療と並行して肺の治療もしていただき、何とか危機を脱出できました。 現在は転院して、透析治療を継続していますが、以前から振戦や動作緩慢、身体のバランスが悪かったり、認知力や記憶力の低下等が気になっていたのですが、前病院では、検査もせず問診だけで特に問題なし、MMSEのテストのみでアルツハイマー認知症だろうとの診断を下されました。私も同席していたのですが、診断後もずっとモヤモヤした気持ちでした。そして、転院後の現病院で、リハビリの先生から母の状態を聞かせていただき、これまでの経緯を説明したところ、検査をしていただいたようで、パーキンソン症候群とレビー小体型認知症の診断結果が出て、良い結果ではないですが、疑いの気持ちはやはり間違いないことが確認できました。 そして、私なりにいろいろ調べていくなか、パーキンソン病の治療法のひとつとして音楽療法があることを知り、CDを購入して、1時間程度ですが、迷惑にならない程度で病室で聴かせています。ですが、パーキンソン症候群にも効果があるのかどうかわかりません。パーキンソン症候群の患者に、音楽療法は効果があるのでしょうか? また、パーキンソン病とパーキンソン症候群の治療法に、共通するものがあれば教えてほしいと考えております。どうかよろしくお願いします。

検索対象

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。