すべて

フェンタニルに該当するQ&A

Q

クローン病に詳しい先生にご回答頂きたいです。よろしくお願いします! 37歳の男性です 生後半年→腸が腐って一部除去 その後、ベーチェット病の疑いで通院 26歳→仕事中に腹痛で倒れ入院。手術。クローン病との診断を受ける。 37歳→突然の高熱とひどい関節痛で受診。インフルエンザ疑われるも陰性。 クローン病の主治医の元へ受診。即入院。絶食開始。入院中に皮膚瘻孔出現し3/1に手術行うも癒着が酷く腸には手をつけられず。ストマ装着する。 このような経緯をたどってここまで来たのですが、入院当初は激痛との戦いでフェンタニルも使っていました。今は痛みも治まり痛み止めは使っていません。ですが排液量がなかなか減らず、一日に6リットルくらい出ており、主治医も排液量が減らない事を不思議に思っています。絶食は1ヶ月半程行いましたが、今は本人の精神状態が死にたいとの思いに傾いており、とても絶食には耐えられない状態な為、昼、夕を常食で食べています。 絶食していた時もさほど排液量は減りませんでした。腸も切除できない程悪くなっているようですし、何より本人が生きる気力を無くしてしまっている為、許されている飴やガムを暴飲暴食してしまっています。まずは排液量を減らして退院したいと思っているのですが、どうしたら排液量が減るでしょうか?(絶食以外の方法で) (30代/男性)

Q

76歳の母の事で、お尋ね致します。 平成29年12月下旬に総合病院に入院し、右上葉肺がん(扁平上皮癌)の診断を受け、スパイロ検査をしましたが数値が正常値の4割程度の為、手術を先行するのではなく、退院後の平成30年2月9日から6月6日までの間でカルボプラチン+TS-1の化学療法を6クール実施し、7月にCT・MRIの造影検査、肺血流シンチを行い、結果を見て手術の検討する予定でした。 並行し、1月初旬から左臀部から膝上にかけて痛みがあり、別の整形外科病院で診察を受け「腰椎圧迫骨折・脊柱管狭窄症」で投薬治療を受けていましたが、6月15日に自宅で転倒し総合病院へ救急搬送され、左大腿転子部の骨転移による病的骨折の診断を受けました。 転倒当日はかなりの痛みを訴えていたため、15日からフェンタニルの点滴とリニアック(10回予定)が開始されました。整形外科的な手術について、主治医の呼吸器外科医師は体の負担を考慮し「反対」。今回から加わった整形外科医師は「実施」の考えで検討中のようです。 今回のような場合は、整形外科的な手術はする方が一般的でしょうか? 既往歴は、バセドウ病術後、2型糖尿病、甲状腺機能低下症、冠攣縮性狭心症、高脂血症、高血圧、COPDがあります。 (40代/男性)

検索対象

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。