すべて
Q&A

劇症肝炎に該当するQ&A

Q

持病は、喘息、甲状腺機能低下症です。 先日、頭痛、寒気、関節痛、筋肉痛、発熱38.5度が4日間続き、下痢が続いています。 最初カロナールや痰切りのお薬などを処方して頂き、熱は下がり、下痢が続くので、受診をし、血液検査をしたところ、 肝臓の数値が高く、詳しく検査となりました。 超音波は異常なし。 数値は 最初の測定 白血球、2200 LDH、350 AST、89 ALT、120 y-GTP、30 5日後の測定 白血球、4300 LDH、315 AST、218 ALT、316 y-GTP、45 でした。 急性肝炎との診断で、自宅で安静にとの話でした。B型C型肝炎ではないことという診断で、 薬や健康食品をかなり摂取していたので、それも最低限の薬以外禁止になりました。 喘息、 甲状腺の薬、 酸化マグネシウム(肝臓を使わないから) になりました。 心療内科のお薬は、減薬していたので、すんなりやめました。漢方も飲んでいました。 激しい運動、筋トレなども禁止ということだったのですが、 検査結果をみて、どう思いますでしょうか? 薬も健康食品も運動もダメなのかと思うと、心配で、劇症型肝炎などもありますし、 検査結果をみて、どのような経過で、 どれくらい悪いのか、劇症型肝炎の可能性、 自宅安静で気をつけることなど、教えてほしいです。 よろしくお願い致します。 (30代/女性)

Q

EGFR陽性、エクソン19欠損の肺腺癌ステージ4にて、ジオトリフを服薬しています。治療開始前の検査によりHBs抗原陽性、HBV-DNAは低値(検出限界付近)でB型肝炎キャリアであったことから、ウイルスの再活性化防止のために核酸アナログ(バラクルード)を併用しています。 経過観察では、肝機能検査としてトランスアミナーゼやビリルビンなどの項目を見ていますが、HBV-DNAの定量はしなくても良いのでしょうか。今回のようなケースでは劇症化することは極めて低いとは思いますが、調べていると劇症化の場合はトランスアミナーゼよりもHBV-DNA量の方が早め上がってくるのではないかと思いました。なお、今の病院には肝臓専門医はおりません。 トランスアミナーゼやビリルビンは正常範囲内、LDHは若干高い位で、肝機能は特に問題ないと思っていますが、再活性化の事が気になり質問させて頂きました。 どうぞよろしくお願いします。 (60代/女性)

Q

化学療法後 直ぐにHBVDNA定量 2.6IU 上昇 肝臓専門医より再活性化は通常の肝炎とは違うこと 劇症化になっては遅く 危険な状態になる説明がありました。 直ぐにエンテカビルを服用してHBVDNAの量 ALT,ASTも良くなっています。 治療を受けないと再活性化でHBVDNAの量について 高い値7~10 IU 位まで上がると聞いていました。 1、治療を受けなかった場合は HBCDNAの値は 再活性化後 何カ月位で高値7~10になるのですか 例えば1-2カ月等 ?  HBVDNA 増殖推移のグラフ化を見ました 感染後は山型の曲線 右肩上がりで頂点に達し その後下がっています。  目盛りより最高値(頂点)は再活性後2カ月位に見えましたが合っていますか?  個人差がある場合は一般的な回答で良いです。 2、もし高値7~10になっていたら手遅れになる可能性高いのですか?  今後も化学療法治療の可能性はあります この際に より深く理解しておきたい思っています。 よろしくお願いします。 (70代以上/男性)

検索対象

  • すべて
  • Q&A

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。