すべて

外傷性くも膜下出血に該当するQ&A

Q

はじめまして 2015年の夏に息子が自転車で転落し 外傷性くも膜下出血と脳挫傷の診断を受けました。 後遺症もなく入院して1週間くらいで退院可となり、これまで続けていたサッカーを半年休んだのちに再開しています。 その際、積極的なヘディングは避けるように伝えて本人もしておりませんが 試合にも出ています。 約3年たち、進学を機に顧問の先生からヘディングができないようなら 試合には出せないと言われました。 本人は出来るというものの、わたしはなるべくさせたくありません。 あるプロサッカー選手で2011年に急性硬膜外血腫になった方はヘッドギアを装着し3ヶ月で試合復帰、1年後には医師の許可もおりヘッドギアなしでプレーをしており、現役の今でもヘディングシュートもされています。 息子は3年は経とうとしています。 過剰に考えすぎなのでしょうか。 (10代/男性)

検索対象

  • すべて
  • Q&A

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。