すべて
Q&A

悪液質に該当するQ&A

Q

64歳父が、人間ドックで左腎癌が見つかり、腹腔鏡にて今年5月に全摘。病理はex5.8×3.5cm、clear cell、INFa,Iy0,v0,f-inf0,rc-inf0,rp-inf0,左腎中極に5.8cmの病巣、G1にG2を混ぜた淡明細胞癌の膨張性増殖が見られ、周囲に繊維性皮膜形成を伴う。癌は少量の壊死や出血巣を伴い脈管侵襲は見られず。腎皮膜や腎盂への浸潤は見られず断片は陰性。腎盂、尿管上皮に異形成は認められず。以上が病理で現在残った右腎に萎縮が見られ、機能数値はe-GFR38.6、ヘモグロビン11.6、creaは1.47です。 ご相談したいのは、現在父が転移や透析の不安から、精神科に通院し、夜に抗うつ薬と睡眠導入剤を飲んでいます。今春の術前より約10キロ体重マイナスになっているかと思います。毎日しっかり食べていますが、早食いです。egfrは現在、約30に低下しています。 悪液質や尿毒素の関係で、体重低下しているのでしょうか?それとも、精神的なもので、糖分を使い体重低下しているのでしょうか? 癌告知後の術前から足が痛くて歩きづらいなどありますが、これも癌の影響でしょうか?泌尿器の主治医は食生活に気をつけ、CT検査をするだけで体重については触れないようです。 体重についてセカンドオピニオンをもとめ、他院を受診すべきですか?

検索対象

  • すべて
  • Q&A

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。