すべて

慢性閉塞性肺疾患に該当するQ&A

Q

 妻(67歳)は先日、毎年受けている胸部のCT検査(単純)を受けました。結果は「異状なし」でした。 しかし、特に自覚症状ないが、同時に初めて受けた呼吸機能検査で非常に心配な数値が出ました。結果は次のとうりです。( )内予測値 肺活量     4.18 (2.77) 150パーセント 努力性肺活量  4.18 (2.61) 160パーセント 1秒量 3.02 (2.06) 146パーセント 1秒率 72.24 (79.88) 90パーセント MMF L/s 2.15 (2.49) 86パーセント PFF L/s 7.14 (5.73) 124パーセント V50 L/s 3.36 (2.86) 117パーセント V25 L/s 0.61 (0.96) 63パーセント 私は1秒率の72.24パーセントを非常に心配しています。70パーセント未満は慢性閉塞性肺疾患だということで、現に検査の判定結果は「境界領域」です。 そこで、専門の先生に2点、お聞きします。 1.妻の肺は肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患か、その危険性の高い状態にあるのでしょう か。もし、そうなら、今すぐ、妻は何をなすべきでしょうか。両方について具体的なご 教示をお願いします。今回の呼吸器内科医は「まあ、大丈夫でしょう」としか言われま せんでした。 2.胸部の単純CT検査では慢性閉塞性肺疾患等を発見することは難しいのでしょうか。呼 吸器内科医には難しくても、放射線科医なら可能なのでしょうか。それとも、もともとC  T検査は慢性閉塞性肺疾患等の発見は無理な検査なのでしょうか。なお、今回の呼吸器  内科医からは、CT検査の結果と呼吸機能検査の結果の関係については一切、説明はありません でした。 以上2点について、可能な限り具体的で、詳細なご教示をよろしくお願いいたします。 (60代/女性)

Q

私の父親の相談です 父親は、69歳の無職です。 2年くらい前から、COPDにかかって、近くの専門病院に入院しておりました。 担当ドクターからは、 ・慢性閉塞性肺疾患の増悪 ・高炭酸ガス血症・慢性呼吸不全 ・精神疾患の疑い COPDの末期と思います。 ご相談内容は、入院していた時から、幻覚や独り言が増えて 母親がつきっきりでいないと、何をするか分からない状態 が3日間続いております。 自宅に蛇がいるから、退治しないといけないとか、泥棒が 入ってきたから見張らないといけないいう事を言い続けて おります。 担当医からの紹介状で、精神疾患やアルコール依存症の病院を ご紹介いただきましたが、本人が病院へ行く意思がなく、 どのように対処するべきか相談nさせてください。 よろしくお願いいたします。 (60代/男性)

検索対象

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。