すべて
Q&A

抗リン脂質抗体症候群に該当するQ&A

Q

子宮腺筋症と診断され、今後の治療について説明を受けました。血栓の既往があるためピルの内服はできず、リュープリン注射とディナゲストで進行を抑えていくことになりました。先生は既往症も考慮して、副作用も少ないと判断してくださいました。リュープリンは膠原病(抗リン脂質抗体症候群)があっても使えるのでしょうか。治療しなかったら今25才で閉経まで約25年くらい、確実に進行すると言われました。痛みがロキソニンで治まるときもありますが、つねに下腹部から骨盤にかけて痛みがあります。 この治療は半年くらい続けないと効果が出にくい、もし、効果があれば妊娠のとき以外はずっと使い続けないといけないのでしょうか。 膠原病(抗リン脂質抗体症候群)もあり、子宮腺筋症と言われたときに妊娠はおそらく難しいのだろうと思いました。これまで診てくれていた他科の先生も頑張って早めに子どもを産みよ...と言ってくれていました。流産しやすく、子宮腺筋症を併発している患者で妊娠、出産できる確率はどれくらいなのでしょうか。

検索対象

  • すべて
  • Q&A

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。