すべて

易疲労感に該当するQ&A

Q

1年半ほど前から強い易疲労感があり、立ち仕事の勤務後には足に力が入らなくなりまともに歩けなくなりました。 その後原因不明の高熱が3日間続き、以来体の疲労感に悩まされています。 同時に疲労時に眼瞼下垂があり、受診したクリニックでアイスパック・テンシロンテストの陽性で、重症筋無力症の疑いありとの診断を受けました。 その後病院の神経内科で血液の免疫検査、筋電図検査を受けましたが全て陰性。 重症筋無力症は否定されました。 過去、髄膜炎を患った経験があり、その後遺症ではないかと髄液検査も受けましたが陰性。(これに関しては採取した髄液の量が少なかったとも言われました) 多発性硬化症も否定。 現在は強い疲労感で、足も重く動きづらく、また膝折れ(カクンと力が抜ける感じなので脱力しているのかなと思い、力が入らないと申告した事があります)もあり、歩行が困難です。 激しい疲労感で、慢性疲労症候群を疑い、かかりつけ医から専門医に問い合わせていただきましたが、眼瞼下垂・下肢脱力は慢性疲労症候群からは除外されると、門前払いを受けました。 現在は、1年以上続く易疲労・それに伴う息切れや、頭のハッキリしない感じ、集中力の低下・眼瞼下垂・歩きにくい・大きな音と光がつらい・微熱・咀嚼する事、声を発する事がしんどい・時折襲われる激しい頭痛等の症状に悩まされ続けています。 上記に挙げた、今まで否定された疾患の可能性、もしくは他の疾患の可能性の有無をお聞きしたいです。 身体表現性障害の可能性もありますでしょうか? どうか、お力をお貸し下さい。 よろしくお願いいたします。 (40代/女性)

Q

ACTH単独欠損症の疑いがあり、総合病院の内分泌科を受診しています。 ACTHとコルチゾールが常に低値(1桁)のため、負荷検査をする予定になっています。 が、無痛性甲状腺炎を併発しており医師からは『確定診断をするためには、甲状腺の値が落ち着いてから検査をしましょう』と言われています。 無痛性甲状腺炎については経過観察(治療なし)です。 数ヶ月で数値が落ち着くことが多いらしいですが、診断されてから3ヶ月になります。 ●一般的に 無痛性甲状腺炎の数値はどれくらいで落ち着きますか? ACTH単独欠損症が確定となった場合、コルチゾールの服用が一生必要だと聞いています。 現在、毎朝5mgを1錠服用していますが倦怠感 易疲労感が強く休職しています。 ●普通の生活が送れるようになるにはコルチゾールの服用量を増やすような流れになるのでしょうか?(薬の量が増えたらもう少し元気になるのでしょうか?) ●ACTH単独欠損症と無痛性甲状腺炎を併発することは、よくあることでしょうか? (40代/女性)

Q

確定診断のつかない神経内科系疾患(なんらかの脊椎関連疾患の疑い)で、ステロイドパルス療法に歩行や動作の改善等一定の効果があったため、様子を見ながら45~50日おきに4クール(5000mg、3000mg、1000mg、1000mg)治療を実施しました。(内服なし) その都度劇的な効果はないものの、振り返れば底上げできているという感触で、脱力、筋肉痛、易疲労感等まだあるものの家での日常生活は一通りOKとなり、健康体を10とすると現在の身体状況は5~6というところです。 そこで今後の治療なのですが、主治医から同間隔でステロイドパルス(500~1000mg)を続けるか、プレドニン内服10~15mgに切り替えてみるか...の提示がありました。やってみないと効果も副作用もわからず、どちらでも好きな方を...ということなのですが、本症状への効き方のみならず、一般的な副作用による全身的なダメージを考えると、どちらの方がよりよいと考えられるか、諸先生のご意見を伺えれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 (50代/女性)

検索対象

  • すべて
  • Q&A

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。