すべて
Q&A

気管支喘息に該当するQ&A

Q

気管支喘息と診断されたのをきっかけに、ERCA、製薬会社、様々な呼吸器内科のサイトで情報収集しました。 気管支喘息は問診、肺レントゲン、呼吸機能、血液検査、アレルギー検査等、様々な情報を「総合的に」勘案して診断がくだされると理解しました。 となると、微妙なケースでは医師によって判断が分かれるケースもあるのではないかと想像します。 たとえば「実際に気管支喘息なのに、喘息ではない」と診断されたり、逆に「実際には気管支喘息ではないのに喘息と診断されるケースが考えられます。 前者はいずれ再発したときにあらためて診断されるので、大きな問題はなさそうです。 いっぽうで後者は、「気管支喘息は治らないので、良くなってもずっと少量のステロイド剤を吸入し続ける必要がある」という前提から、無意味な薬を死ぬまで摂取し続けることになってしまいそうです。 後者を防ぐための社会システム(例:気管支喘息と確定診断したあとも○ヶ月に1度は再検査して診断する)や、個人ができる防御策はありますでしょうか。 (40代/男性)

検索対象

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。