すべて
Q&A

蟻走感に該当するQ&A

Q

お世話になります。(自らの過去の相談内容を読み、不定愁訴といいますか、我ながらすぐ身体の事を気に病む性質だと実感しますが、どうぞご助言いただけますようお願いいたします)。数日前から、瞼のピクピクが気になり、目に力を入れたり、ぎゅっと閉じたりカッと見開いたりすると、両目瞼がぴくぴくします。また、勝手にぴくつく時は、片目瞼です。眼科でそのぴくぴくした状態を見せ、眼瞼ミオキミアと言われました(眼瞼痙攣は診てすぐわかるとおっしゃってました)。しかし、どうしても気になります。また数日前から、右の頬や唇上(右)に蟻走感があり、ソワソワっと静電気みたいな感じがあります。更年期真っ只中なのかも知れませんが、いつも病気や心配を探しているみたいで疲れてしまいます。先生方のご助言お待ちしています。

Q

20歳男性です。先月もご相談させていただきました。 経過としては、以下のような状態です。 初発症状としては、4月のむち打ちから始まりました。そして5月初旬に右腕と肩にに灼熱感と痛みを覚え、小さな整形外科を受診。異常なし。その後、右腕や肩、首筋の痺れや痛みが治ったり再発したりしながら経過観察。5月の末から一挙に全身の筋肉がぴくぴくし始めた。6/2に総合病院の脳神経内科を受診し、四股の腱反射、舌の状態確認を行い、異常なし。またその際に整形外科を受診し、レントゲンやエコー、血液検査を実施するも軽度の頸椎のずれ以外に指摘されず。その直後に不注意により自転車の転倒事故。左半身の強打。そして左腕の脱力と痛み、左脚の硬直が生じた。また時期を同じくして息苦しさ、喉のこわばりが出る。怖くなり6/16日に再度、脳神経内科を受診。左脚の硬直を確認し、両脚の腱反射を入念に行うも、異常なし。また、息苦しさが出るとのことからデパスを処方された。とのこと。デパスにより、左脚の硬直、喉のこわばり、息苦しさが改善されるも、副作用が強いため医師と相談の上、断薬。その後、背中や両肩の鈍痛やこわばり、両足のだる重さ、呼吸困難感、立ち眩み、ふらつき、手の震え、蟻走感などが次々に現れ現在に至る。 体重の変動はありません。また、以上に挙げたは出たり消えたりを繰り返しています。最も心配している左腕の脱力感についても出たり消えたりを繰り返しています。特にこれといった法則性はありません。 以下のことをお尋ねします。 1医師には典型的な症状ではないし、そこまでALSの経過は早くないと言われたのですが、他にどのような疾病が考えられますか? 2次回受診するとすれば、何科にかかるべきでしょうか?そして、どのような検査を行ってもらうべきでしょうか?原因を究明したいため、複数挙げていただけると幸いです。

検索対象

  • すべて
  • Q&A