すべて

角膜潰瘍に該当するQ&A

Q

初めての投稿になります。 2日ほど前から、左目の茶色い部分の下の方(鼻側)に、白い斑点とその周辺の白目の部分に充血があり、少し痛みもあった為、眼科を受診したところ「周辺性角膜潰瘍」と診断されました。 レボフロキサシン0.5%「マイラン」とフルオロメトロン0.1%を処方いただき、2つとも1日4回点眼とのことでした。 (コンタクトレンズは数年前からしておらず、今は眼鏡を着用しています) 心配になって帰宅後ネットで調べてみたところ「周辺部角膜潰瘍」「特発性周辺部角膜潰瘍」は検索で出てくるのですが、周辺「性」角膜潰瘍というのはほぼ出てきません。 この3つはそれぞれ違う角膜潰瘍なのでしょうか? また「周辺部角膜潰瘍」というのは治癒できない難病なのでしょうか? ネットで調べると失明に至ることもあるとのことで、非常に心配です。 関係があるのかは分かりませんが、目が痛くなる数日前に、風邪のような症状(微熱と関節痛、のどの痛み等)がありました。 この「周辺性(部)角膜潰瘍」について、最悪のケースだけではなく、ごく一般論として、今後どのくらいの比率でどうなっていく可能性が高いのか?を教えていただけたら幸いです。 やはり「重い目の病気を患ってしまった」という認識でしょうか? ちなみに私は「緑内障」と「ドライアイ」も患っております。 それらとの関係性はあるのでしょうか? 質問ばかりで申し訳ありませんが、何卒ご回答よろしくお願いいたします。 (40代/男性)

検索対象

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。