すべて
Q&A

骨腫瘍に該当するQ&A

Q

中3男です。早速経過を説明致します。(骨軟部腫瘍医のカルテを覗き見しました) H28年7月単純X線で左膝脛骨近位部に境界明瞭な辺縁に骨硬化像を伴う骨透亮像をA医師が指摘した。 H30年8月に単純X線で再検査を実施したが、変化は見られなかった。 ただ、本人の希望で骨軟部腫瘍専門医B医師に受診。 H30年9月にB医師に受診。 B医師は「腫れ・痛み・圧痛・変化」などの悪性に特異的な所見は見られなかった為良性骨腫瘍と診断した。 上記の経過で、10月にMRIまでお願いして撮影しました。 MRIの読影はC医師が行いました。 C医師の読影の結果は「X線で映っていた影の部分はMRIでは窪んでますね。腫瘍とは言えません。」との事でした。 念のため再度B医師にMRI画像を見て貰うと、読影の結果が「X線でも黒く映ってまして、MRIでも黒く映ってますね。これは問題無いですよ。良性の物ですので。ただ、今後も半年か年に1回単純X線で経過を観察してもらって下さい。」との事でした。 質問です。 C医師は「骨が窪んでいて腫瘍とは言えない。」と説明してましたが、B医師は「良性の物です」と説明してました。 良性なら腫瘍ですよね。なぜC医師は「骨が窪んでいて腫瘍とは言えない」と言っていたんでしょうか? また、この骨腫瘍はどのような性質の物何でしょうか? 更にA医師はB医師に対する紹介状には「28年の時と比べて変化はない」と書いていたそうですが、僕たちにはちょっと変化していると説明していました。 なぜB医師には変化が無いと言っているんですかね? 回答お願い申し上げます。

検索対象