すべて
Q&A

髄膜炎に該当するQ&A

Q

49歳女性です。 後鼻漏で耳鼻咽喉科にかかり、鼻の奥の細菌検査を受けました。結果は髄膜炎菌+1で、抗生物質を一週間飲むことになりました。そこで質問なのですが、 1: +1とは、どのような意味なのでしょうか。 2: たまたま検査で見つかりましたが、もしこのまま保菌していた場合、髄膜炎になったり、または菌が消滅したりすることはあるのでしょうか。 3: 髄膜炎菌を保菌していることは、どの程度のリスクがあるのでしょうか。 4: 感染を考えて、家族も細菌検査を受けた方が良いのでしょうか 5: 少し話がそれますが、もし保菌者が髄膜炎予防接種を受けた場合、髄膜炎菌はワクチンにより消滅するのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

Q

83歳女性(母)、半年前に交通事故で意識不明になりました。入院しています。 今日、看護師さんが体を起こしたところ両膝が曲がったそうです。今までにないことです。もしかして、ただの反射じゃなく自分の意思で?と喜びそうになりましたが、髄膜炎の症状でブルジンスキー徴候というものがあると知り、まさか髄膜炎になったんじゃと心配になり相談致しました。たまたまわたしが今日発熱しており熱の原因はなんだろうと調べていたところでこれを見つけました。 母は熱はないとのことなので髄膜炎の可能性は低いと思いましたが、熱がでない髄膜炎、熱がない状態でのブルジンスキー徴候というのがみられるのか教えていただきたいです。

検索対象

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,900人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。