化学療法剤に該当するQ&A

検索結果:426 件

腹膜播種の腹腔内化学療法について

person 70代以上/女性 -

75歳の母ですが、すい臓がんの手術後に腹膜播種による腹水が発生しています。減量フォルフィリノックスを行いましたが、白血球減少・血小板減少により、今後は、血管投与の抗がん剤は無理と言われました。 1.腹膜播種の腹腔内化学療法について、関東地方に主に胃癌の腹膜播種を対象として、皮下留置型腹腔内アクセスポート(以下腹腔ポート)を用いてタキサン性抗癌剤を腹腔内に反復投与する(全身化学療法と併用する)新規治療法を実施している病院があります。 関西地方には様々ながんに対して腹腔内に抗がん剤を反復投与する病院(全身化学療法なし)があります。 全身的な効果というより、腹膜播種についてのみしか効果を示さない場合でも、多少の延命効果はあると考えてよいのでしょうか? 白血球が少ない現状では、ポート設置手術及び腹腔内投与(局所的なので血管投与の抗がん剤より副作用は少ないとの記述あり) にはリスクがあると考えて避けた方がよいのでしょうか? 効果があるのであれば、主治医から紹介状を書いていただいて専門の病院に行ってみたいと考えています。 2.アルブミン点滴は 腹水対策として積極的に行ったほうが延命効果はあるのでしょうか? できるだけ腹水を抜くのは避けたいと思っています。 現在通院中の病院では点滴を行ってないので、他の病院を探してみたいと考えています。 3.腹膜播種が進行すると 一般的にどのような症状が どのような順序・スピードで現れるのでしょうか?  4.緩和ケアというのは、病院によって受けられるサービスに大きな差があるのでしょうか? また、病状が進行した場合に入院してするものなのでしょうか?  今後、現在通院中の病院に説明を受けに行く予定です。 5.免疫療法には効果があるのでしょうか? 6.漢方薬でよい薬があれば教えてください。

抗がん剤治療中の痛み、再発腫瘍の細胞変異について。

person 40代/女性 -

左胸壁滑膜肉種胸膜播種での再発(3回目)で化学療法、アドリアマイシン単剤で治療中です。 1年前の再発時、アドリアマイシン2コースの投与で腫瘍が縮小しました。アドリアマイシンは総投与量が決まってるので化学療法を中止、IMRTの治療に変更、CTでは腫瘍が見えなくなった為、今年2月まで経過観察をしていました。 再発後、今年3月1回目、4月1日2回目の2コースが終了、来週効果判定のCT検査を予定しています。 4月1日の2コース目投与から2週間、3日ぐらい前から痛みが強くなってます。 1年前の治療の時、アドリアマイシンに耐性がつく前に中止しているので、今回再発し、おそらく効果が出るであろうという前提に治療を再開したものですから、痛みが強くなって、再発腫瘍が変異したか、単純に効果がでてないか、考えています。 以下、質問です。 1、再発した場合、基本的には原発腫瘍と同じ細胞である認識でいますが、細胞が突然変異する場合はありますか? 2、効果があった化学療法を途中でやめて、また治療を再開した場合、効果がでなかった時に考えられる原因はありますか? 3、抗がん剤治療中の痛みの原因には何がありますか? お手数かけますが、回答いただけると助かります。 よろしくお願いします。

卵巣癌・腹膜癌 維持療法後

person 50代/女性 - 解決済み

以前にも相談しましたものです。腹膜癌の手術を行い、術後抗がん剤3クール(TC)の後に、オラパリブを使った維持療法を12月末から行っています(BRAC1 Mutation有)。 2月中旬にCA125を確認したところ値はあがっていたのですが、増加がにぶっていたので2週間様子をみようということになりました(主治医の方は初回化学療法後の維持療法は初めてとのことです)。 2日後受診しマーカーを測定します。数値によっては 造影CTを取ることになっています。もし再発ということになった場合、今後以下の3通りが考えられると思いますが、 1. 標準(単剤+ベバシズマブ) 2. MSI検査→キートルーダ 3. 遺伝パネル検査→適切な薬剤&治験 進める順番はどのように考えればよいでしょうか? それとPARP阻害薬を使うことでPD-L1の発現が増大するという報告もあるようですが、どれくらいの期間服薬することを念頭においているのでしょうか?標準療法で生存期間の延長は認められていないことを念頭において質問させていただいています。 家内は、指のしびれがあるとはいっていますが、髪ははえつつあり体調は良好で、食欲もあります。正直、今の姿とこれから起こるかもしれないことのギャップが、自分の中で整理できていません。 よろしくお願いいたします。

腋窩リンパ節に転移した癌の治療方法

person 60代/男性 - 解決済み

昨年11月に肺扁平上皮癌ステージⅡbと診断され、左肺上葉切除及び所属リンパ節を郭清。 術後の病理診断の結果、肺多形癌ステージⅢbと確定。 術後の補助化学療法は拒否し、経過観察をしていたところ、本年4月に左肋骨への転移が発見されたため、根治を目的として放射線治療を施行。 骨腫瘍は消失し、ほぼ寛解と診断されました。   その後、SCCの数値が漸増し(2→6→11)、7月の造影CTの結果、左腋窩リンパ節に腫瘍が発見されたため、キイトルーダ単剤(化学療法との併用を勧められるも副作用リスクを理由に拒否)治療を開始、現在2クール目を終えたところですが、特に副作用の兆候はありません。 そこで質問ですが、キイトルーダ点滴開始の前後から左腋窩リンパ節の鈍痛を感じるようになり、左腕の肩から肘にかけても違和感(鈍痛)があります。日常生活に支障が出るほどではありませんが、放置しても大丈夫でしょうか? なお、主治医はキイトルーダの効果が判明するまで放っておけという意見であり、手術や放射線治療には消極的です。 また、リンパ節の手術は難易度が高いとも言われておりますが、原発癌の手術時に多数のリンパ節を既に切除済みであり、俄に信じ難いと思っています。

腎臓がん摘出後、9年後の転移性肺腫瘍とリンパ節転移についての治療と余命

person 50代/女性 - 解決済み

はじめまして。質問させて頂きます。父が2012年に腎臓がんにて片腎を全摘しました。その後、今年に入って約4.5センチの左上葉肺腫瘍が今年に入って見つかりました。あと、同じ左の体の中央に近い場所にリンパ節の腫瘍が見つかりました。 呼吸器内科にてブロンコファイバーを行って腎臓がんが原発の転移性肺腫瘍と判断されて、泌尿器へかかりました。そして、「転移性肺がんであり、そこからの転移はない場合呼吸器外科でオペが治療として良いので呼吸器外科に回ります」と言われて、一週間後の今日呼吸器外科に外来受診にきました。 しかしそこで「このリンパは病理の所見で異形成となっており異常がないとは記していない。おそらく自分の経験としてはリンパへの転移の可能性はあるからオペは推奨しがたい。オペをしたところで負担だけかけて、全部取れなかったということもありうる。化学療法が主流になります。」と言われました… …結局今度また泌尿器受診をしなおすのですが… 1.呼吸器外科の先生からは「リンパ節へ転移の可能性が高い。こういう場合はオペしてもあとでまた再発とか無駄足となる率が高い。患者さん本人がオペしたいならばやるが、それで悪い部分を取り切れるかどうかはわからない」と言われましたが泌尿器の先生は手術を…と言われていたので今後泌尿器の医師への診察をうけるのが娘の私としては正直不安なのです。このまま医師へ診察は受けてよいのか。 2.呼吸器外科医師から「オペしないなら抗癌剤治療になります」と言われたが、果たして腎臓がんの再発に対して抗癌剤治療が有効かどうか。どのような化学療法のレジメンになるか。 3.現状の余命はどのくらいか この3点をお伺いしたいです。 宜しくお願いします。