ラビン 40代に該当するQ&A

検索結果:100 件

CAR-T療法が受けれなかった時の、髄膜に浮遊している癌細胞の治療法

person 40代/男性 - 解決済み

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫、節外性abcタイプ、ステージ4の49歳の主人の事でお聞きします。 主人が難治性の為、CAR-T療法を検討しており、主治医の先生には手紙で検討したい事を伝えてあり、返答待ちです。 主人は今、リンパ腫細胞が髄膜に拡がっている状態で、腫瘍を形成しているわけではないが、既に脳転になっているとの認識です。 数日前に、今行っているChase療法で、髄液に癌細胞がのこっている場合に、チオテパとシタラビンを2コースの化学療法。これで効果がなければ、チオテパ,ブスルファン,シクロフォスファミドを使う大量化学療法と血液幹細胞救援を追加するのはどうですか?との質問に、最終手段として相談してみてよいと返答を頂きました。 それとは別に、髄注化学療法で,メソトレキセート15mg, シタラビン15mg,プレドニン20mgの3種を同時に腰椎穿刺から髄腔内に注入し,2週間のうちに3回施行すると髄液の細胞が減るという記事を目にしました。 これはどうでしょうか? 主人は大量メソトレキサート療法は全く効かなかったのと、今回のCHASE療法で、シタラビンをして髄液の癌細胞が減らなかったとしたら、提案しても副作用だけで、効果はなさそうですか? CAR-T療法の承諾を得なかった時には何が残されているのか、知りたいです。 まだ髄膜癌腫症を発症していない時に、一刻も早く髄膜から癌をなくしたいです。 今行っているCHASE療法がどこまで効くのかが心配です。