NO IMAGE

ハオプラ点眼液0.1%

日本点眼薬研究所
NO IMAGE

炎症の原因物質であるプロスタグランジンの生成抑制作用などにより炎症を抑え、症状を和らげます。通常、眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、目の手 ... 続きを見る 術後などの炎症の抑制に用いられます。

製品一覧

  • 0.1%1mL

関連するQ&A

Q

70歳代父の白内障手術後の点眼薬について

person 40代/女性 -

70歳代父の白内障手術後の点眼薬について素朴な疑問です。 <2009年9月 白内障手術> 白内障・近視・老眼・軽い乱視(各々程度はひどくはない)他に眼のトラブルなし 左目の角膜内皮細胞数が少(1500)(形も少し異常)のため 地元クリニック先生の紹介→病院で入院手術 退院後は地元クリニックにて受診継続中 その後は良好 *2-3か月に1度通院、ハオプラ点眼液0.1% 現在まで点眼継続中 <2013年3月後発白内障治療> その後は良好 特にトラブルなし <患者父の素朴な疑問> *2-3か月に1度ハオプラ点眼液0.1%処方で点眼し続けています。 Q 点眼しつづけて大丈夫でしょうか。 現在まで点眼し続けてトラブルないということは副作用がない、 ということであれば点眼し続けて大丈夫、ということでしょうか? 点眼し続けて、眼に影響はないでしょうか? 薬は化学物質?のような気がします??? Q 1日3回も多いので1日1回にしたく感じるようです。 1日1回でもいいのでしょうか? Q なぜこんなに長く処方がされるのでしょうか? あまり深く考えず、眼薬感覚で点眼していればいいのでしょうか? Q 白内障手術後にはこのようにずーっと長く点眼するのが普通なのでしょうか? 個々に事情は違うとは思いますが、、、そういうケースもありますか? 今は後発白内障治療後のため、点眼しています。 でもずーっと続きそうです。 宜しくお願いします。 (40代 女性)

1名が回答 眼科・耳鼻科

このお薬の分類

薬効分類
眼科用剤
メーカー
日本点眼薬研究所