Q

不安神経症について

かつて、重度のセネストパチー、うつ状態および強度の「死」に対する不安神経症で、国立病院の精神・神経科に約2年間入院歴のある、35歳の独身男性です。現在は、セネストパチーについては、トレドミンとパキシルにてほぼ完治し、うつ状態からも完全に脱却しました。強度の不安神経症についても、セパゾンにてほぼ完治し、現在では、精神科のデイケアで社会復帰を目指しています。が、年度末には、そのデイケアからも退所して新しい社会生活に移る予定を既に立てています。私は、某一流大学卒業者ですが、中途採用となると即戦力が求められる等の理由から、作家としての人生を歩もうと考えています。既に、小さいながらも某市主催の文学賞にて随筆部門で最優秀賞もいただき、同人誌へのお誘いもありましたので、受けました。作品も既に出来上がっています。ただ、作家職業などは、精神的苦痛が大きいことは百も承知なので、通信教育にての校正士や書道の師範の資格・免許での副収入を得る手続きも既に済ませています。前置きが長くなりましたが、とにかく、現在一番心配なのが、不安神経症の再発なのです。主治医にも以上のことを説明した上で了承を得ていますが、その他に留意点はあるでしょうか?怖がっていては、何もことが進まないことも自覚していますが、正直まだ自信がありません。結婚に向けても既にお見合いの話があり、近々、お会いして自分がそうした病歴があることは最初は隠して、お付き合いできればと楽観的に考えています。が、いずれは正直に話すつもりです。色々な面で、今のところはこうした病気とは全く無縁の人と見られるようにまで回復しています。結局は、自分で決断するのですが、よきアドバイスがあれば、ご教示願いたく、宜しくお願い申し上げます。

質問者:むつふじ さん

まだ医師からの回答はありません

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。