Q

膵臓がんについて

他の有効な治療法は望めないので しょうか?
63歳男性です。6月中旬ごろ、ひどい胸焼けと、胃のムカツキが快復せず、近くの病院で検査、「肝臓がんの疑いがあります」との結果を受け、現在の病院に転院しました。
再度のCT検査の結果、膵がんが肝臓に転移している…と告知されました。8月下旬入院。肝生検査も同様の結果が出ました。2検体の所見は次のとおりです。(1)多様性示す腫瘍細胞が索状或いは腺管構造を示し増殖する中〜低分化腺がんを認める。膵がんの転移としては矛盾はない(2)壊死物質を背景に、散在性あるいは乳頭状集塊を形成する異型細胞を認める。細胞は大小不同、N/C比高く、核偏在し細胞質に粘液様空胞を認め、クロマチン濃染し核小体を認める。腺がんと判定するーというものです。
医師からは「この状態では放射線療法などはあまり意味はなく、化学療法だけでいきます」との説明がありました。現在までジェムザールを13回投与しました。今のところ比較的安定はしていますが。胸の締め付け感、胃に不快感があり、鎮痛剤・抗炎症剤などの薬を毎日のんでおります。
抗がん剤と癌のバランスの上に身を置く私ですが、素人ながら他に何も治療方法がないものかと悶々としております。どうであれ、回答をいただければ落着いた時間を過ごせそうです。お願い致します。

質問者:わかちゃん さん

ゴールデン太郎さん

膵臓癌の家族をもっておりました。
ジェムザール単剤が唯一無二の有効な抗癌剤と説明され、治療を続けたことを後悔しています。
承認作業中の分子標的薬などを除いても、ジェムザール+2剤(3剤)の有効性のほうが高いのではないでしょうか。Web等で調べてみることを薦めます。
使っている病院も増えているはずです、ある県立癌センターでも初めから使っているようです。
素人で勘違いしている可能性も、専門の方にご相談を。

わかちゃんさん

ジェムザール+2剤(3剤)が有効ーーとの情報ありがとうございました。

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

ジェムザールは膵臓癌で最も効果の期待できる抗癌剤です。効果のある限り、この薬剤を続けていくべきだと思います。

他の治療方法としては一般的なものはまだないと思いますが、臨床研究の段階かも知れませんが、ジェムザールに併用してNITCと呼ばれる新免疫療法を併用して有効性が認められたとの報告があります。

わかちゃんさん

貴重なアドバイスありがとうございました。ジェムザールが最も効果的だーということは十分承知はしていたのですが、いい歳をしてお恥ずかしいのですが気持ちが落ち着かず、併用できる治療はないものかと質問をしてみました。これからは毎日を愛しんでがんばっていきます。
ありがとうございました。

SecondLife 先生
一般内科

SecondLife 先生

漢方薬に膵臓癌を治す力はほとんど無いと思いますが、補中益気湯とか十全大補湯などの補剤と言うような薬で、比較的副作用が軽くなり、元気も出てくる方が良くおられます。

主治医の先生にご相談して、差し支えなければ投与していただくと少しお楽になるのではないでしょうか。

まえだクリニック 前田 正彦 先生
肝臓内科

プロフィールを見る

前田 正彦 先生

ジェムザールは第一選択の薬で問題ないと思います。他にTS-1という内服の薬もあり、ジェムザールとの併用療法もあります。
膵臓の原発がコントロールできていれば、肝転移に対して、肝動脈からの抗がん剤の動注療法(肝臓の血管の中から抗がん剤を流す治療)があります。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。