三環系抗うつ薬の抗コリン作用について

4年前にうつ病と診断され、三環系抗うつ薬を飲んでいます。ただ、2年以上前から落ち込みもなく疲労、倦怠感と早朝覚醒に悩まされています。睡眠薬も使っています。最近読んだ本に、不眠症の治療には、交感神経の緊張を抑えることが必要と書いてありました。一方、今飲んでいる三環系抗うつ薬は、「抗コリン作用があって、副交感神経の作用を抑えて、交感神経を優位な状態にしてしまう」とのことです。ということは、私は、三環系抗うつ薬を飲んで、自ら、不眠症が改善しにくい状況にしてしまっているということでしょうか。教えていただければ幸いです。

person_outlinehatachan5さん

1名の医師が回答しています

笑う精神科医 先生

精神科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師