Q

不安と鬱の違いについて

私は、今も昔も、責任感が強い方だと思っていたのですが、実は、中途半端な事ばかりしてたように思います。
誰でも、将来の不安や経済的な不安、色々な不安があると思うのですが、色々な不安に対して、臆病になってしまいます。
でも、やらなければと思う気持ちは強いのですが、やっぱり不安になってしまうんですね。
これは、不安神経症なんですか?鬱なんでしょうか?
これって、性格の問題もあるんですよね。
不安な気持ちが強いから、今は、デパスにチカラを借りていますが、全部の不安に対して症状がでるわけでは、ありません。
やはり、不安神経症なんですか?

質問者:ちーさま さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

神経症とは、心理的な原因によっておこってくる心身の機能障害です。神経症の症状には、心臓神経症、胃腸神経症などのように身体的な不安を主とするもの、対人恐怖症、場面 恐怖症など社会的な場面での緊張不安を主とするもの、不潔恐怖症、不完全恐怖症などのように強迫観念を主とするもの
と、さまざまな形がありますが、共通する特徴は強い不安と緊張です。精神病とちがうのは、神経症にかかった人には、症状に対して「これではいけない」との葛藤 があり、なんとかして治したいとの強い意欲があります。

また、症状以外での現実検討能力は保たれていて、「人には知られたくない」 と表面的には普通の生活を送っている場合も多いのです。しかし、一方では強い不安のため、電車に乗れない(心臓神経症、胃腸神経症)、会合や会食に出られない(対人恐怖症 、場面恐怖症)、何回も確認したり、外で買い物ができない(不潔恐怖症、不完全恐怖症)など、
日常生活に支障をきたしている部分もあります。

神経症の症状には非常に様々なものがあります。これは、神経症の根本は心理的なとらわれの現象であって、とらわれる対象は、そのときの状況によっていくらでも種類がありう るからです。そうは言っても、人間にはいくつか不安をいだきやすい領域があり、人の心と不安や恐れには、ある共通項があります。

神経症の分類には、不安神経症(発作性神経症、心臓神経症)胃腸神経症、疾病恐怖、不眠神経症、心気症神経症、対人恐怖・場面恐怖症、会合恐怖症、書痙・ふるえ恐怖症、会 食恐怖症、不潔恐怖症、不完全恐怖症、縁起恐怖、涜神(とくしん)恐怖、過失恐怖症などがあります。

以上のように、不安神経症とうつ病とはまったく違うものです。将来、経済に関する不安が強いのは性格の問題で、病気ではないような気もします。

ちーさまさん

ご回答、いつも有り難うございます。
色々勉強にもなりますし、心強いです。
ある先生にも、あなたは病気ではなく、性格的に臆病なだけで、不安や心配が人よりも強いだけなんです、
って、言われました。
私自身もそう思い、カウンセリングを受けています。
しかし、やはり、身体的症状が生活に支障をきたしているので、薬に助け舟を出してもらっているつもりです。
でも、性格や感情って、生きてきた分だけ、積み重なって出来たものだと思いますので、やっぱり時間がかかるのでしょうか?

AKOさん

私は、もともとは、パニック障害からきたウツで、薬は、レキソタンをのんでます。
他には、パキシルですが・・・。
これは、あまり関係ないでしょう。

レキソタンは強い部類に入る薬です。

もともとの性格ということでしたが、やはり、「性格」は、最初からあるものではなく、環境などでつくられていくものですからね。
「不安はとりのぞけばいい」と先生たちは、簡単にいいますが、そうもいかないんですよね。難しい。

ちーさまは、マイナス思考ではないとは思いますが、プラス思考にもなりきれていないように感じます。
どんなことがあっても「これは、後から、自分の実になること」とつらいことがあっても、いつか、幸せは降って来る思うのはどうでしょう。絶対、大丈夫ですよ。一緒に歩いていきませんか?

ちーさまさん

お返事、有り難う御座いました。
凄く、心の支えになりました。
私も、最初はレキソタンを服用していたのですが、
効き目がなかったのか、副作用なのか、気分が悪い時が多かったので、止めました。調子のいい日もあったのですが、ある日、夜中に急に吐き気と眩暈みたいな感じになり、病院に行った時に、今までの経過や検査の結果など、問診されて、デパスを服用して、マイスリー?みたいな点滴をしてもらってから、楽になりました。
それから、デパスの服用が始まりました。
>>ちーさまは、マイナス思考ではないとは思いますが、プラス思考にもなりきれていないように感じます。
どんなことがあっても「これは、後から、自分の実になること」とつらいことがあっても、いつか、幸せは降って来る思うのはどうでしょう
私も、同じ気持ちです。
現在も一般のカウンセリングに通いながら、少しづつ頑張っています。
早く、薬から離れたいたいです。

AKOさん

うーん・・・。
担当の先生は、なんとおっしゃっているのでしょうか。
私も、ちーさまとおなじような人生なような気がします。凄く責任感が強いけど、でも、結局中途半端。いやですね。
でも、そういう自分を愛してあげてくださいね。
自分を愛することで、不安って、軽減するもんです。私も、離婚や再婚、子供に恵まれない、経済的など、いろいろ不安かかえてきました。今もあります。
でも、自分を好きになってあげることで、「自分も実はすてたものではないよ」と思えるようになります。
すると、不安も軽減されていきます。
なかなか、むずかしいかもしれませんが、まず、身近な人からでも、「あなたが好きよ」「あなたがいると落ち着く」など、言ってもらうように、協力してもらうといいと思います。

鬱と、不安神経所は、似て非なるものです。
まず、担当医に確認したほうがいいと思いますよ。
「病名をかくす」なんていうのは、昔のはなしです。
こちらが、きちんと心構えをすれば、医師は、こたえてくれます。

ちーさまさん

お返事有り難う御座いました。
私は、一度、心療内科を受診したのですが、全然相手にされないというか、あなたは、鬱でも何でもありません。メンタル的な病ではありませんから、単なる不安を感じた時に誰もが起こる、症状だからといわれました。
それ以来、現在は、かかりつけの内科の先生に、相談して、デパス0.5mgを処方してもらい、薬の助け船を借りて、今は、生活に支障がでないようにしているのですが、私も生活がありますし、経済的な事も将来のことも、仕事のことも、あれこれ考えてしまい、その考えに対してまた、不安になるんですよね。
akoさんは、現在も薬を何か服用されていますか?

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。