Q

薬の副作用 不随意運動について

夫が6年前に仕事上のストレスから重いうつ病になり8ヶ月の入院と1年半の休職後、復職しましたが、1年前から肩や首がポンポンと跳ねるような不随意運動(遅発性ジスキネジア)が出てきました。24時間続き、夜も眠りたいのに横になると本当に肩から頭が枕の上で跳ねて眠れなくなりました。どんなに強い睡眠薬を飲んでも何種類も飲んでも収まらず、そのうちにうつ状態になり、休職、入院して1年になります。原因は当時服用していたミラドールの副作用とのことでした(服用中止して14ヶ月)が、その薬を止めても中々改善しません。本や主治医の話では口をもごもごする不随意運動の話は聞いていますが、肩や首、頭がヒクヒク、ポンポン動く不随意運動もあるんでしょうか。診療は数人の先生がグループ診療という形で行なわれていますが、不随意運動の患者の例が3例目ということで(そのうちの2例は口をもごもごさせる症状)治療方法もはっきりわからない状態のようです。また、神経内科も主治医の指示で受診し、脳のMRIを取りましたが(不随意運動のため静止できないので麻酔をして撮影しました)「脳が萎縮している」ことがわかっただけで脳の方に不随意運動の原因は見られないといわれました。が、脳の萎縮と不随意運動の関連はないのでしょうか。不随意運動の治療にはどのようなものがあり、改善されるものなのでしょうか。
現在の1日の服用薬はセレニカ1800mgリーマス600mgロヒプノール3mgベンザリン5mgリオレサール30mgユベラ600mgリボトリール9mgテルネリン、ワイパックス、ハルシオン等です。よろしくお願いします。

質問者:ドキドキ さん

ilm 先生
精神科

ilm 先生

精神科医ilmです。
お書きいただいたことからするとドキドキさんのご主人は治療困難な、治りにくい躁うつ病を抱えた方であるようです。
まず大前提は主治医とよく相談することです。

それでもあえてご意見させていただくとすれば、
不随意運動は精神科で用いられるさまざまなお薬で現れてきますので、処方を調整されたタイミングなどの情報なしには判断はきわめて困難ですが、セレニカの量が多いということでしょうか・・・
でもこれは治療に難渋されていることの証拠なので、余計に外部のものとしては意見しにくいわけなのです。

転院したらよいのか考えることもあろうと思いますが、難治な方は誰が診察しても治りにくいです。繰り返しになりますが主治医の先生方とよく相談して、協力し合って治療していってください。

ドキドキさん

主治医は外泊時にも調子が悪いと休日でも連絡を取れるようにしてくれたり、夫の攻撃的な態度にも根気強く接してくれていますので、根気強く病気に向かっていくことが大切なのですね。まずは、疑問などを遠慮せず主治医に相談していきます。ありがとうございました。

賢者の石は 先生

お話から察するに、とても良い先生にみていただいているみたいですね。

ところで、不随意運動については、
首や肩がポンポンと激しく動く
最初は片側から始まり、現在は両方が動く
夜寝ている間にも続き、しばしば睡眠が中断される
字を書いたり食事をしたりするのが困難なほど腕が動かしにくい
これらの症状はミラドールという薬をのむようになってから起こった
ということですね。

実際に診させていただいたわけではないので断定はしかねますが、ジスキネジアというよりは、ミオクローヌスやチック、舞踏運動といった不随意運動が考えられると思います。
頻度は少ないですが、いずれも向精神薬の影響で生じる可能性のある症状ではあります。その場合、変な話ですが、原因かもしれない薬と同系統の薬を用いると、良くなることがあります。(いずれは少しずつ止めてゆかなければならないにせよ)
脳のMRI検査を受けられるなど、神経内科の先生にも充分診ていただいたようですが、今後の経過次第では、不随意運動を特に専門とする神経内科の先生にもう一度診ていただいた方がよいかもしれません(精神科でもそうですが専門医といっても医師によって更に得意分野があります)。当初精神変調を来し、その後神経症状が生じてくるような病気もありますので。
いずれにしても、なかなか難治性の病気が多く、楽観視はできませんが、主治医の先生と相談しながら根気よく治療が続けられるよう、旦那さんをサポートしてあげてください。

ドキドキさん

参考になりました。ありがとうございます。

mimi 先生
糖尿病科

mimi 先生

リチウム(リーマス)中毒の可能性が有りますのでリチウムの血中濃度を測って貰いましょう。ミラドールの副作用ならもう改善している頃なので、違う原因が考えられます。セレニカ、リボトリルはてんかんの患者様に使うのですが、ご主人はてんかんでしょうか。不随意運動の治療に使う場合もありますが、量がかなり多めですので、一度主治医に尋ねてみましょう。また、ご主人は50-60歳位でしょうか。この年頃に発症し、多彩な精神神経症状を起こし、脳が萎縮する病気にピック病があります。これも一度神経内科の医師にでも尋ねてみてください。私は専門外ですので、あくまでご参考に留めて頂きますよう。ご主人の早期回復をお祈りします。

ドキドキさん

夫の年齢は37歳です。31歳でうつ病になり、現在は躁うつ病と診断されています。主治医に「ピック病」の可能性についてもきいてみます。ありがとうございました。

賢者の石は 先生
精神科

賢者の石は 先生

不随意運動の場合は実際に症状をみてみないとわからないことが多いです。
記載されている内容からは、比較的急速な不随意運動が生じているようですね。
肩から首にかけて生じているとのことですが、左右どちらか一方だけなのでしょうか、あるいは両方同時に生じるのでしょうか。また、動くときに他にともなう症状はないでしょうか。(例:声が出る)
現在内服されている薬から想像するに、いろいろと試されているようですが、原因となった薬を再開するということはされていますでしょうか。

ドキドキさん

初めは右左の片方が激しかったです。が、現在は日によって違いますが両方に症状が出て、声は発しませんが、呼吸がしずらい時があり、会話をしていても呼吸を落ち着かせてからじゃないと話せないことがよくあります。また、中断した薬は再開していません。ひどいときは字を書くことができなく、箸を持ってもラーメンをつかんで口まで腕を移動させることもできない時期がありました。現在は多少動きますが両方とも普通にできるようになり、不随意運動も収まる時間も出てきました。また、波はありますが眠れる用にもなっています。しかし、不随意運動が激しくなるとまだ睡眠が2時間とかうつらうつらするだけの日もあります。よろしくお願いします。

賢者の石は 先生
精神科

賢者の石は 先生

経験上、リチウム600mgで中毒症状を生じることは少ないです(体格にもよりますが)。また、スルピリド(に限らず向精神薬一般にいえることですが)で遅発性の錐体外路症状が生じた際には、相当長期間症状が持続することがあります。
大切なことは、不随意運動がどのような性質のものか特定することです。その上で、対処方法を考えることが必要です。

ドキドキさん

一月に一度、私も主治医とも面談をしてもらっているので不随意運動がどのような性質のものか を聞いてみ対と思います。ありがとうございました。さらに何かアドバイスがあればお願いします。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。