Q

何科を訪ねれば宜しいのでしょうか?

会社の健康診断で血圧が高いといわれ、6年ほど前から血圧の薬を飲んでいます。
今は、「ケルロング5mg」と「カルデナリン1mg」を朝1回服用しています。

3年ほど前から、「血圧が高くて倒れてしまうのではないか?」という漠然とした不安に襲われるようになり、「デパス0.5mg」を、朝1回と不安な状態になった時に随時服用しています。

不安に襲われる時は、冷や汗や耳鳴り、めまいを伴い落ち着いて座っていることさえ出来ません。
10分位すると落ち着きますが、これがきっかけで、電車や高速道路が怖くて乗れなくなってしまいました。

それでも何とか会社には普通に行けていたのですが。2年ほど前に残業や休日出勤が当たり前の部署に異動となってから、この発作のようなものの頻度が増え、症状もより苦しくなって来ました。

今では休日の外出も面倒になり、ほとんど外出もしていません。また、自宅でもこの発作のようなものが起こるようになってきたため、お酒の量も増えてきました。

少しでも早くこの苦しい状態から、楽になりたいのですが何科を訪ねれば宜しいのでしょうか?
ご教授頂けますよう、宜しくお願い致します。

質問者:クロレラ さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

不安が大きいようですね。不安神経症のようでもあります。

神経症とは、心理的な原因によっておこってくる心身の機能障害です。神経症の症状には、心臓神経症、胃腸神経症などのように身体的な不安を主とするもの、対人恐怖症、場面 恐怖症など社会的な場面での緊張不安を主とするもの、不潔恐怖症、不完全恐怖症などのように強迫観念を主とするもの
と、さまざまな形がありますが、共通する特徴は強い不安と緊張です。精神病とちがうのは、神経症にかかった人には、症状に対して「これではいけない」との葛藤 があり、なんとかして治したいとの強い意欲があります。

また、症状以外での現実検討能力は保たれていて、「人には知られたくない」 と表面的には普通の生活を送っている場合も多いのです。しかし、一方では強い不安のため、電車に乗れない(心臓神経症、胃腸神経症)、会合や会食に出られない(対人恐怖症 、場面恐怖症)、何回も確認したり、外で買い物ができない(不潔恐怖症、不完全恐怖症)など、
日常生活に支障をきたしている部分もあります。

神経症の症状には非常に様々なものがあります。これは、神経症の根本は心理的なとらわれの現象であって、とらわれる対象は、そのときの状況によっていくらでも種類がありう るからです。そうは言っても、人間にはいくつか不安をいだきやすい領域があり、人の心と不安や恐れには、ある共通項があります。

神経症の分類には、不安神経症(発作性神経症、心臓神経症)胃腸神経症、疾病恐怖、不眠神経症、心気症神経症、対人恐怖・場面恐怖症、会合恐怖症、書痙・ふるえ恐怖症、会 食恐怖症、不潔恐怖症、不完全恐怖症、縁起恐怖、涜神(とくしん)恐怖、過失恐怖症などがあります。

まずは心療内科を受診しましょう。

クロレラさん

近々に心療内科を受診したいと思います。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。