統合失調症(誤診の可能性あり)と診断された息子の再治療の病院を探しています。

5年前、うつまたは不安症状で治療していた息子(当時22歳)が暴力(自ら警察に連絡し保護される)の1点で統合失調症用の薬を投与され、2日後に斜頸および不安症状の増加となり入院しました。斜頸は直ぐ収まりましたが、その後の各種統合失調症用の薬の投与で、1ヶ月後に大規模な斜頸(首の前屈)が発生し、不安症状を残したまま斜頸治療の為、転院したが、ジストニアは治らず、歩行困難ならびに見識不全となった。転院先は見識不全状態と不安症状から統合失調症と判断された。退院後、我々の判断で抗パーキンソン剤を中止したところ、見識不全がなくなり、一部の陰性症状はあるものの統合失調症的な症状は認められません。昨年から不安症状の増大ならびに生活が乱れたため、転院先の病院に再入院したところ以前と変わらず対人機能不全症状などから統合失調症の治療方針となった。、面会時の息子との会話や様子に不自然なところがないことや過去の症状を説明し、治療方針の変更をお願いしても全て統合失調症の症状の目(因子)であるとの回答。また、心のケアがほとんど実施されていないなど医師側との見解の相違があり退院します。そこで至急なお願いです。息子の症状をゼロベースから見直して心のケヤと薬投与の治療を入院で実施して頂ける病院あるいは医師の方を探しています。追)幻聴・幻覚は過去も現在もありません。薬に敏感です。頸部傾斜(前屈)しています。

person_outlinechachaさん

2名の医師が回答しています

ilm 先生

精神科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師