治療法は?

2005年5月30日膵臓に4センチ大の腫瘍発見。6月8日左脇下リンパ節/右縦隔リンパ節に転移発見。
脇下のリンパ節を切除し生検の結果、小細胞癌と認定され原発は小細胞肺癌であろうとのこと。
転院した病院で行った肺のファイバースコープでは肺癌が認められず、腫瘍マーカーのNSE値も正常内の為、
やはり膵臓が原発であろうという所見のもと、GEM治療開始。
腫瘍マーカー(CA9−19・DUPAN・NSE)は緩やかに下降し、10月にはほぼ正常範囲内に入る。
膵臓及び右縦隔リンパ節の腫瘍は拡大せず若干縮小した感じ。。ただしProGRPは400〜500で推移(正常値40以下)。

さらに転院し、放射線+GEMをした結果、11月25日のPETでは膵臓には殆ど集積なく、縦郭リンパ節の集積も著しく低下。
12月10日の腫瘍マーカーの検査ではProGRPも100まで下降。他のマーカーも殆ど変化無し。以後GEMを続行。
しかし乍ら1月25日の検査でProGRPが199まで急上昇。他のマーカーは概ね横ばいか、ほんのわずか上昇。

2月1日PET受診
結果は膵臓と縦隔リンパの集積は消失。
但し
「上腹部(SUV最大値:6.0)、中腹部正中左側(SUV:5.9)、骨盤内(SUV:4.3)
に新たな異常集積を多数認めます。CTにて膵頭部頭側の大動脈周囲、腎門部レベルの腹部大動脈
左側、左総腸骨動脈領域前方に多数のリンパ節を認めており、多発リンパ節転移です。」との診断。

「ネットで調べたところProGRPは肺小細胞癌に特異的と言うことですが、そうすると私の場合は、
やはり原発は肺小細胞癌ではないのでしょうか?」と質問した処、「ProGRPは肺に限らず、小細胞癌であれば
反応します。外国の文献に載っています。」との返事でした。

自分なりに英語のサイト調べた処、殆どが小細胞肺癌に特異的というもので、一つだけ、「腎臓病
や他の癌の場合反応する例があるが100以上にはならない。」というのがありました。

そこで、ご相談ですが?

1.私の癌はどこを原発にしているのでしょうか?(ProGRPを踏まえて)、これによって
抗ガン剤も違ってくると思いますが。小細胞肺癌を想定した治療を行うとか?

2.原発を確かめる方法があるのでしょうか?

3.今後どのような治療の可能性があるでしょうか?今の所腹部にかすかに違和感が
あるだけで、癌らしい症状はありません。
放射線、抗ガン剤(具体的な薬名)、代替医療等。

4. 多発性リンパ節転移ということは、もう完治は望めないということでしょうか?漢方などに頼ったほうがいいでしょうか。

person_outlinejulioさん

1名の医師が回答しています

tora 先生

一般内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師