病名は黄疸? 慢性膵炎? 急性膵炎?

59歳の母が先日退院したのですが
退院時に渡された書類の病名【【黄疸】】の文字に
家族としては以下の3点で釈然としない想いがあります。

黄疸というのは素人考えだけでも病名ではなく症状名ではないか、
診断書に今までの膵臓の検査に関する記載がないのがよく
分からない。黄疸という診断の意味は?

その病院は検査はたくさんしたけれど
実は何も分かっていないのではという気さえ
してしまいます。

(経緯)
1月23日
深夜 悶絶するような腹痛を感じ
1月24日
早朝 近所の診療所へ→系列の大きな病院を紹介される。

そこで【【膵炎の疑い】】とのことで
2月8日
内視鏡的逆行性膵胆管造影の検査を受ける。
2月9日
退院予定だったが、検査によって急性膵炎を起こし退院延期。

2月13日
7日夜からずっと絶食だった母に出された食事がおかゆ300g
・鳥のささみのソテー・ほうれん草のおひたし・マカロニサラダ」
もちろん完食はできず。
深夜、苦しさをこらえきれず、当直医に胃薬を処方される。

2月14日
朝、別の先生が来て退院を勧められ、驚いて前夜の件を話し
血液検査。軽い膵炎を起こしているので経過をみることに。

2月15日
病名は【【急性膵炎】】といわれる。

2月17日
また退院を勧められるが「黄疸がみられるのでは」という
家族の指摘でCT、エコー再検査。

2月18日
十二指腸の最後の所に膵液・胆汁が出る管が集まっていて
そこが腫れていて、管が細くなったり腫れたりつまったりして
黄疸が出ている。単なる検査の処置が影響しているだけの
事ならだんだんおさまるが、腫れの部分が原因だと管を入れ
鼻から胆汁を強引に抜く方法、最悪の場合は癌の疑いも
含め患部の除去手術をする方法、来週の検査結果を踏まえて
また考えましょう、といわれた。
15日とは別の先生に【【慢性膵炎】】といわれる。

2月20日
MRI検査。管が一部細く・太くなっているが良性か悪性か判断
できない。今日の血液検査で黄疸が落ち着いてきたので2,3日
様子をみて退院し、別の医療機関でPETを受けるよう勧められる。

2月21日
教授が来て「もう一度内視鏡的逆行性膵胆管造影を」と言ったが
本人がいやがり、他の先生も「体力が持ちません」と。
母が「PET検査を受けることになりました」と伝えると教授は
「PETってなんだ?」と後ろの別の先生に尋ねた。

2月23日
夜、睡眠薬を飲んで就寝中に「明日の午後退院」と先生にいわれる。

2月24日
退院時に渡された書類の病名の欄が【【黄疸】】だった。

++++++
長くなりまして申し訳ありません。
家族みな、どうしても釈然としない想いです。

person_outlineglassさん

2名の医師が回答しています

O 先生

消化器外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師