線維筋痛症の母について

lock有料会員限定

66歳の母について相談があります。

母は、2004年の冬頃から身体の痛み・ふらつき・疼きにより日常生活が困難になり、2006年夏に心療内科で線維筋痛症と診断され、
今も3か月に1回通院しています。
(症状が出始めた頃、5〜6件の病院で色々な診療科を回りましたが、原因不明。そのうち病院へ行くことを拒み、1年ぐらい寝たきりでした)

今月はじめ、深夜にトイレへ起きたところ転倒し、腰や背中を打ちました。
それから、背中が丸まり上半身が右へ傾くようになってしまいました。
身体がどんな具合なのか、私が尋ねても“大丈夫”としか言いません。

母自身は、ひとりごとがひどくなり(前々からひとりごとは言っていましたが)
自分自身と会話するような、叱責するような、そんな様子です。

病院へ行くよう何度か説得しましたが、行きたがりません。
それどころか、足が悪くなったらダメと言い、早朝4時間・昼間4時間歩きに出かけます。
それでも病院をすすめると“行ったら、手術して寝たきりになって死ぬ”と言い、“そんなに言うなら、治せる医者を探せ!”と声を荒げます。
(通院中の病院は、車で1時間以上かかる大学病院なので、気安く行くことができません)

今日はいよいよ左足が踏ん張れなくなり、歩が進まなくなってしまいました。
それでも“大丈夫、分かった分かった”としか言いません。

母は昔から生真面目で、しっかりとした性格の女性です。

これから私はどう対応していけばよいのでしょうか。
接し方すら分からなくなってきました。
無理にでも病院へ連れて行ったほうがよいでしょうか?

※どのカテゴリを選択すればよいか分からなかったのですが、言動を見ると認知症の疑いも拭いきれないので
こちらに投稿しました。

person_outlineだぁいしさん

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師