Q

ヘルペスと診断されましたが…

性器周りに白い水泡ができ、診ていただいたところヘルペスとの診断で飲み薬と塗り薬で治療しました。
彼以外との性交はなく、彼は数度風俗で遊んだといいます。(ゴムフェラしかしていないとは言っていますが)
彼は自覚症状はないようですが一応泌尿器科を受診してもらいましたが、尿検査のみで何もないと言われたそうです。ただ、亀頭周りに赤い小さな発疹のようなものがあるしとても心配です。彼からうつされたとしか思えないのですが彼は発症しないってことはありうるんですか?そのほかの性病も診ないで尿検査だけでわかるものなのですか?不安でしょうがありません。

質問者:るぅ さん

DY 先生
皮膚科

DY 先生

もっとも心配されるのはエイズでしょうか? これは、血液検査をしなければ分かりません。

お風呂だけで性交(接触)しないのであれば、うつるものはほとんどありえません。

ヘルペスは、一度なると、一生そこにウイルスが住み着き、何度でも再発しますので、あなたが彼と付き合う以前から持っていたという可能性もあります(ただ、初発時は症状がひどいので、忘れてるってことはあまりないとは思いますけど)。

>亀頭周りに赤い小さな発疹のようなものがあるしとても心配です。

これは、ずっと形を変えずにあるものならば、正常な独立脂腺というものです。
ただ、尖形コンジローマというものもあるので、またヘルペスという話から不安が広がっているのであれば、彼は泌尿器科より皮膚科に行くべきです。

ご参考になりましたか?

るぅさん

エイズの検査は二人で行ってきました。
今結果待ちです。

私自身、他に定期的に婦人科へ行く理由があって、そのときにいつも性病の検査も一通りお願いしています。ので、以前からかかってるってことはないです。

亀頭周りの発疹は彼はいつもあるよ、とは言っているのですが、私自身が不安で何もかもが怪しく見えていたので…独立脂腺というものがあるのですね。ちょっと様子を見てどうしても不安なときは皮膚科を受診してもらいます。

丁寧にご回答いただきありがとうございました。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

性交の相手が一人しかいないのなら、感染源はその人以外にはかんがえられません。そのほかの性感染症については、血液検査をしないとわかりません。彼の心配より、あなた自身の検査をされませんか。

るぅさん

ご回答ありがとうございます。
私の書き方が悪かったんでしょうかね…?
感染経路の追求よりもこれ以上私が感染したくないんです。
私の方は全て検査し、その他は何も感染してません。
婦人科と泌尿器科では検査が違うのかなと思ったので、彼の方の検査が尿検査だけで十分だったのかどうかが知りたかったんです。
十分じゃないならきちんと診てもらうようにしなくてはならないし。
同棲しているのでお風呂とかの共用でうつったりするものがないかとか気になるんです。
彼のためっていうのもありますが自分のためでもあります。

三条 先生

> 婦人科と泌尿器科では検査が違うのかなと思ったので、彼の方の検査が尿検査だけで十分だったのかどうかが知りたかったんです。

泌尿器科は見ただけです。尿検査に意味はありません。泌尿器科は通常の手順として初診の患者さんの場合、診察に先立ち全員に尿検査をするというだけのことです。

ヘルペスは症状が出ていない時に見せられても診断はできません(出ていれば見るだけでわかることが多いし、迷う場合は水疱底の細胞を採取して検査することもできます)。

ただ、他の先生が書かれていますがヘルペスの初感染時の症状は歩行が困難になるほどひどい場合も珍しくありません。またその部位に生じた帯状疱疹(これもヘルペスに違いはありませんが感染経路など全く違います)と混同される場合もあります。何となくはっきりしない話です。

るぅさん

彼はヘルペスに感染していないのでしょうか?目に見えて何か症状が出ていたわけではないようなので。私自身は入院をすすめられるくらい症状が重かったのですが…。

しかし、尿検査に意味がないと言われると…性病を総合的に検査してもらうのってどうしたらいいんでしょう?
性病科と言うところですか?
近くにはなくてすごく遠いところになってしまうのですが…
ちなみに彼の尿検査の検査結果にはクラミジアと淋菌が(−)って書いてありましたが…

三条 先生

入院を勧められるくらいであったならヘルペス(Herpes simplex)の初感染であった可能性は十分あります。ただ、症状が出る部位によっては帯状疱疹(Herpes zoster)との区別はつきにくいことがあります(これも結構きつい)。これは片側に寄るのが特徴ですが言われるような部位でははっきりしないことがあります。

淋病以外の性行為感染症(最近では性病の言葉は使いません、性交類似の行為で感染するものも含めるためです)は皮膚科で診ます。淋病だけは尿道狭窄をきたす可能性があるので泌尿器科で診ます。
「性病科」の看板を上げているのはたいがい皮膚科の先生です(歴史的な経緯があり、泌尿器科の先生の場合も少数あります)。でもそういう看板を上げてしまえば他の皮膚疾患の患者さんが寄り付きにくいでしょう。それが少ない理由です。

るぅさん

彼が行ったところは皮膚科と泌尿器科の両方を一人の先生が見ているところだったので、本来ならばそこでいいはずなんですよね。
尿検査だけで視診もしなかったし、説明もあまりしてもらえず、納得いかない感じだったと彼も言っているので、他の皮膚科の受診も検討してみます。
ありがとうございました

三条 先生

彼の場合は症状もない状態で受診されたのでしょうから視診すらしません、と言うより見てもしかたがありません。その先生が悪いとは言い難く、別の医院に行かれても似たような診察になる可能性は大きいと思います。

ふと思いついたのですが、ヘルペスが彼からうつされたとしてもセックスとは限らないのではないでしょうか。俗に「熱の華」と言う形で口唇に水疱を生じるタイプのヘルペスがあります。軽症であれば本人もあまり気にしておらず、他人は殆ど気づきません。これが陰部に感染することは稀ではありません。
口唇のヘルペスは幼時に家族から感染することが多いものです。

あれこれ含めて説明してもらえそうなお医者さんを選んでください。こういう問題は露骨に説明するのが気恥ずかしくぶっきら棒な態度に見える医師がいるのも事実です。

るぅさん

本当に丁寧にお教えいただけて感謝申し上げます。

熱の華、というのは知りませんでした。
そういうものもあるんですね…。
原因は特定するのが難しそうなので、とりあえずは可能性として、知識を持っておこうと思います。

でも、原因はわからないけどいいきっかけになって風俗をきっぱりやめてまじめに向き合ってくれるようになって関係が好転したのである意味よかったと思うことにします。

彼がかかったお医者様は実は私が以前皮膚科でお世話になったお医者様で、そのときの診断が間違っていて違う薬を出されてより悪化し、慌てて大学病院で見てもらって誤診がわかった経緯があったので疑ってかかっていたから余計怪しく見えたのかもしれません。近くにある病院はそこしかなかったので彼もそこに行ったのですが…。
でも、なんにせよ、納得行くまで質問できて答えてくれるお医者様が身近にいてほしいものだとしみじみ思いました。
忙しそうなのでこちらも遠慮してしまう部分もあるのですが、色々聞いてみてもいいんですよね?本当は…

hero2005 先生

「亀頭周りに赤い小さな発疹のようなものがあるし」との最初のカキコミがありましたが、受診した患者の局所の病変をみなければ、医者とはいえません。

症状がなければ見ないことはありますが、 本人が見落としている可能性もありますので、視診をおこなうのは当然のことで、このような発言をされる方の見識を疑います。視診をしなければ診察にはなりません。検査しかしない医者が多くの医療不信を生み出しています。

もうひとつ、「性病」という表現をしなくなりましたが、「性行為感染症」という表現ももはやしなくなっています。正しくは「性感染症」となっております。

るぅさん

今日もう一度彼と一緒に(問題の?)お医者様のところへ行ってみました。
そのお医者様には、ヘルペスにしろ他の病気にしろ発症しても素人では判断がつけられない、けど今自覚症状がないならいい、と言われました。
素人に判断がつけられないのに、見てももらえないのはどうしてですか?知らないうちに発症してて気付かないことはないんですか?と尋ねましたら、だって自分でなんともないんでしょ?と…。
赤い発疹はあります!と再度言ったら、見なくてもわかるよ、それはなんともない…と。
どうしても会話が成り立ちませんでした。
自分たちが納得するためにも、正しい知識を持つためにも、もちろん身体がなんともないことを確認するためにも、私が診察していただいている総合病院へ時間を作って行くことに彼が決めました。皮膚科も泌尿器科もありますし。
やっぱり診てもらえないのは不自然ですよね?
その部分はどうしても引っかかっていたのですっきりしました^^
彼も、医者が診ないって言ってるのにわざわざ出すのもおかしいし、でも、診てもらえないと本当になんともないことなのか、もしかして病気なのかわかんないし、ちょっとでもいいから診て、なんでもないならその上でなんでもない、って言って欲しいなぁ…ってずっと言っていたので。

ありがとうございました。
自分の不安が間違ってなかったことがわかっただけでもかなり気が楽になりました。
心から感謝申し上げます。

hero2005 先生

「診察しましょう。みましょう。」といっても、恥ずかしがって「絶対見せない。」と。「じゃ、何のためおいでになったのでしょうか?」ということはあります。見せたくないというのを無理やり脱がせることは出来ませんが、見てくださいというのを見る必要がないということはあってはならないことです。

自分で不安に思って見てもらいたい(視診)ための受診ですので、視診をしないのは、基本的に間違った診療態度でしょう。手抜きのいい加減な医者といえます。別な病院にゆき、お気持ちをお話ください。悪い医者ばかりではありません。皮膚の所見、心配は、やはり見ないと診断できません。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。