抗酸化力など予防医学について

医師による診療・治療行為の多くは対症療法のように感じます。血液データ上で栄養状態・炎症値など異常が認められない場合は、それ以上に深く追求していないと思います。現実には病気になりやすい体質などは人それぞれだと思います。
最近では、抗酸化力(活性酸素量)が発病に大きくかかわっているなど、血液データでは判断できない要因もあると聞きます。
病状を改善することも必要でしょうが、繰り返し発病しないためには病気になりにくい体質改善(免疫力向上)への指導が重要に感じます。
先生方は体質改善などの予防医学についてどのような位置づけをされているのでしょうか?医師の医療行為の範囲外なのでしょうか?

person_outlineごちさん

1名の医師が回答しています

hero2005 先生

全科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師