Q

悪性リンパ腫の腫瘍の跡

5歳の娘が現在悪性リンパ腫非ホジキンリンパ芽球型ステージ4の維持療法中です。
4月にガリウムシンチを行い、右費膝上に少しだけ集積があるということでMRIをしてもらいました。

結果、10円玉程度の何かがあり、その中に脂肪があるとの所見が帰ってきました。血管腫か壊死などが考えられるとのことでした。

主治医や上の助教授は、元々そこに大きな腫瘍があったので、化学療法で治った跡ではないかとの見解です。
PET検査もしてもらい少しの集積はあるが悪いものではないとのことでした。

となると、腫瘍ではないが、骨の何らかの異常ではないかと自分は考えたりもするのですが、整形外科の先生に見てもらっても今すぐ悪さはすることはないので様子を見ましょうといいます。

私自身もPETまでやって悪いものではないので今すぐどうこうということはわかったのですが、骨に関してまだ不安があり、様子をみて悪くなって後からあの時こうしてればよかったって思うことがないようにしたいと考えています。

セカンドオピニオンも考えているのですが、自分が納得するまでとりあえず先生の意見を聞いてみたほうがいいでしょうか。

よろしくお願いいたします。

質問者:ここ さん

tora 先生
一般内科

tora 先生

いろんな立場といいますか、考え方があると思いますが、リンパ腫という事に関して言えば、少し経過観察をされてからの対応でおおむね問題はないものと思います。このあたりは、若干他部位の腫瘍(上皮性腫瘍・・いわゆる癌腫)とマネージメントに違いがあるものと思います。
自分の子供だったらと考えますと・・・、不安はつきませんが、私も芋ようかん先生の書き込みのように、慎重に大きさや全身の状態を経過観察するという方法をとろうかと思います。形態的に残存が認められても、完全寛解の時もよくありますし、最悪、残存病変でも、少しサイズが変化した程度であれば、その後の治療や予後に大きな違いがないと考えるからです。また、生検については骨の中の塊を適切に生検してくる事自体の困難さが、手術にまつわるリスクよりも問題のように思えるのです。もちろん、大きさや形態の変化があれば、迷わず行うべきではあります。

ここさん

先生方の意見を総合的に考えてもう少しだけ主治医と話し様子を見て、変化があるようだったら対処してもらい、納得いかない場合はセカンドオピニオンで別の病院へ意見を聞きに行きたいと思います。

ありがとうございました。

芋ようかん 先生
血液内科

芋ようかん 先生

リンパ芽球型は確かにやや若年に多いですが小児科領域ではめずらしい方だと思います。ただでさえ小児血液専門医は少ないですからセカンドオピニオンといってもかなり行き先が限られるかもしれませんね。我々内科の血液内科ではリンパ腫の経験は豊富ですが治療法や治療の副作用、感受性に関して小児と成人ではかなりの違いがあるため適切なアドバイスができないかもしれません。個人的な意見としては、しばらく経過をみてからPETあるいはCTにてそのなにかが大きくなるのかどうか確認していけばいいと思います。どうしても心配なら生検(針をさしたりして心配な部位の組織を直接しらべること)をしてもいいですが場所的に難しいのかもしれません。リンパ芽球型では腫瘍が完全に消失しないまま治癒していることもめずらしくはありません。

Traiten 先生
膠原病科

Traiten 先生

正直、ガリウムシンチで取りこみがあると言う意味を慎重に考えるべきと思います。もちろん本来、慎重に考えるのは医師であり病院側なのですが・・・。腫瘍でなくても炎症が残っていてもガリウムシンチは取りこみがありますが、少なくとも血管腫や壊死ということはないと思います。元々大きな腫瘍があったとのことですので、治療前は大きな取りこみがあったと思いますが、何度かガリウムシンチはしているのでしょうか。ガリウムシンチでのその場所の経過をみることと、可能なら生検をした方が良いと思います。是非、主治医ともう一度相談してみてください。難しい病気ですので、セカンドオピニオンも良いですが、まずは納得するまで主治医と話をした方が結局は近道かもしれません。

ここさん

皆さんありがとうございます。いろいろと参考になります。私自身が心配性でセカンドオピニオンは必要性のないことなのかもと思ってしまったり、数ヶ月様子を見てもよいのかとかなり迷っている段階です。

生検についてですが、化学療法をやっているため、免疫が落ちているので、骨までの生検はかなり深くまで棒状のものをささないといけないので、手術中に感染してしまうのが一番怖いという理由で、今はしないで様子を見て、必要になれば、治療が終わった時に、してもよいのではといわれました。

また、ガリウムシンチの経過ですが、治療前は、右太もも半分が真っ黒で、子ども自身も痛いといって、泣いて朝に目が覚めるほどでした。完解導入終了後のガリウムシンチからは、薄く集積がある程度で、ずっと薄く残ってる状態です。最初は、ちょっと残ってるねといわれて、治療していくうちに無くなると思っていたのですが、最終クールに入っても(残り3ヶ月)消えないので心配になっていろいろと検査してもらいました。やはり、この辺を重視して主治医と話していったほうがよいのかもしれないですね。

田舎なので、都会の技術がある病院なら生検にしても感染なんてしない手術が出来るのではとか思ったりしてセカンドオピニオンもいいかなと思ったりしています。

質の高い医療を受けるためにも聞くだけは聞いてみてもよいのかなと思ったりもしています。

大阪 認定内科医 先生

生検は採取の過程で細胞が散らばる可能性があり出来ればしたくない検査です。本当に疑うなら生検を兼ねた摘除をした方がいいでしょう。田舎と言うことで心配なら都会の病院に相談するのはいいと思いますが。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

今の病院でもある程度検査してもらっていて、まだ不安が残るのであれば迷うことはありません。現在の先生に頼んで紹介状を書いてもらい、データとPETなどの検査結果をまとめてもらって、ぜひセカンドオピニオンを求めに他の病院へ行ってみてください。違う医師から意見をもらうと安心できるかもしれません。今の医師と近いコメントをもらえばほっとできるはずです。セカンドオピニオンをもらう際は、今の医師からもらっている結論をはじめに伝えないようにしましょう。セカンドオピニオンを求めている医師の意見を聞けなくなりますから。

大阪 認定内科医 先生
消化器科

大阪 認定内科医 先生

大事な娘さんのことですからさぞご心配のことでしょう。大事なのは納得のいく質の高い治療を受けることです。ですからまず今の病院での治療方針をしっかり把握することです。膝の集積は問題ないとの見解のようですが十分納得いくまで話を聞いて下さい。それでももしすっきりしないようならセカンドオピニオンは躊躇する必要はありません。

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

かなり難しい症例で、医師により意見の分かれる可能性のある症例であると思います。納得いかないことがあれば、あとで後悔をしないためにもセカンドオピニオンを紹介してもらうことに全く躊躇する必要はないと思います。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。