Q

復職時の薬の量について

5年間ほど抑うつ病ということで近くのクリニック(診療内科)に通っていました。仕事は自動車関連の技術・開発業務に携わっており、非常に過酷な勤務状況が続いておりました。
昨年の6月の社内健康診断で問診票から産業医より5年間通っていて治らないようなら、セカンドオピニオンとして大学病院を紹介され、そちらへ変わりました。検査の結果、双極性2型うつ病(診断の途中で医師が話してくださったので、病名がはっきり確認できていません。多少の覚え違いがあるかもしれません)と診断され、産業医・上司の勧めで8月末より休職しています。

薬の調整により、今年から気分が安定し、更に2月ごろより意欲が出てきたため、復職の準備として眠気をなくすため、リボトリールを2gから0.5gに(1日2回服用)減量している最中です。
現在の薬剤と量は以下の通りで
・トレドミン 150mg/日
・デパケンR 1000mg/日
・リボトリール 2g/日(有効成分量は不明)
・アキネトン 2mg日(トレドミンによるアカシジア対策)
復職は、約1〜2週間のリハビリ後、産業医の承認後可能となりますが、復職後も、おそらく業務は徐々に多忙になってくると考えられ、ストレスにより若干の投薬量の調整が必要になるかと思います。

デパケンRは毎週血中濃度を測っており、有効濃度の下限値ぎりぎりということで、増量可能と担当医も考えておられます。(投与量は上限に近い量なのですが、血中濃度はなかなかあがっていません)また、トレドミンの最大投与量のカタログ値が100mg/日に対し、現在150mg/日というのは余裕度がないのではないかと思い、担当医に尋ねたところ、場合により他の薬も併用することも考えているとのことでした(更に悪くなれば再度休職も視野にはいっているようです)。
そもそも、150mg/日の服用量で復職をしようと考えるのは時機尚早でしょうか?既に、5ヶ月休職しておりあせりがでていますが、一旦復職した後、再度休職ということにはなりたくないのでご相談をお願いします。

質問者:toraneko さん

1人の医師からの
回答があります

くま 先生

くま 先生による、toranekoさんの復職時の薬の量についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。