Q

特発性血小板減少性紫斑病

4年前に特発性血小板減少性紫斑病と診断され、毎月検査通院をしています。薬は現在セファランチンですが血小板が2万1千なのでステロイドを勧められています。
また昨年11月から適応障害も発病し、うつの症状と睡眠障害があり、パキシル・メイラックス・レンドルミンを処方されています。
レンドルミンは日によっては飲まないこともあり、飲み始めた翌日と飲まなかった翌日はひどい頭痛(こめかみと額)に襲われます。
しかし、血液内科の主治医から頭痛薬を含む一切の薬(適応障害の薬は了承済)を禁止されているためひたすら痛みに耐えている状態です。
頭痛を引き起こしているのはレンドルミンなのでしょうか?どうすればいいのかわかりません。

質問者:藤奈 さん

2人の医師からの
回答があります

マーク 先生

マーク 先生による、藤奈さんの特発性血小板減少性紫斑病への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。