Q

イレッサの使用について

質問者:ふみふみ さん
通報する

72歳の母のことで相談です。
今年5月に肺腺がんと診断されました。転移は見つかりませんでしたが、癌性胸膜炎(胸膜はしゅ)が確認され、4期と言われています。
間質性肺炎があり、局所治療は不可能ということで、アリムタ、カルボプラチン、アバスチンでの抗がん剤治療を始めました。
9月頭に3回目の投与を受けましたが、好中球と血小板や白血球が減少し、現在は入院中です。血小板の輸血を3回受けましたが、少しずつしか回復しません。
これ以上、今の3剤治療を続けていくのは厳しいようで、2剤に変えるか、イレッサを使ってみるか検討する必要が出てきました。
母は効果予測因子を持っており、先生からは「イレッサを使わないのは勿体ない。いつかは使うことになるだろう」という説明を受けています。間質性肺炎が更に悪くなる可能性もあることも。
間質性肺炎はKL-6の値が1590あり、死亡例もあるようなイレッサを使うことに私は抵抗があります。先生がおっしゃるように、死ぬかもしれないような副作用と天秤にかけても使わない手はない薬なのでしょうか?
(40代/女性)

2人の医師からの
回答があります

ぷーちゃん先生 プロフィールを見る

ぷーちゃん先生による、ふみふみさんのイレッサの使用についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
4,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

おすすめのQ&A

Q

母の治療法について

63歳 女性 肺がんで、3.5センチ リンパに転移あり 3期B 2T2Na の病状でしたが、母の希望により外科手術を7月14日に行い右下葉 じゅうかく切除しました 手術の結果は 1つだけ 肺の腫瘍を 取りきることが出来ず残ってしまいました 術後後遺症は嚥下障害と音声障害です 嚥下障害は回復しました。 術後は、合併症も無く、食欲もあり、大変良好ですが 完全にとりきれなかったため やはり 抗がん剤治療に入るため体力を付けております。 そんな中検査でイレッサが効く遺伝子と解り、母がとても悩んでおります なにとぞ 力になっていただきたくよろしくお願い申し上げます 質問1 肺がん手術後 日常生活で動いているとき 気管から、よく咳きが出ますし、むせてしまい咳が出ますが こちらは手術の後遺症によるものでしょうか? 質問2 術後 検査の時にシスプラチンの抗がん剤治療を考えているといわれました、10日間入院だそうです あわせてイレッサが可能だという報告もありました 母は 抗がん剤の副作用が怖いのと、抗がん剤治療で、体力が落ちてしまうのが心配で、最初からイレッサを使うことはできないのか?と悩んでおります。 イレッサを使用した場合の間質性肺炎になる確率は、かなり高いのでしょうか? また 担当の医師に初回からイレッサをお願いすることは 無謀な事なのでしょうか? 何卒よろしくお願いいたします。

Q

イレッサの再投与について

父について相談です。 間質性肺炎を起こした患者にはイレッサの再投与することはできますか?やはり危険ですか? 非喫煙者、 半年ほど前に肺せん癌ステージ4と診断されました。脳と骨に転移があり、全脳照射の治療をしました。 イレッサを1ヶ月ほど服用した後、定期検査で白い陰が増え、間質性肺炎と日和見感染による肺炎と診断されました。直ぐにイレッサを中止し、ステロイドの大量投与をしました。 その後、別の抗がん剤による治療を始めて、もう6クールになります。パラプラチン、タキソール、アバスチンだったと思います。画像診断上は幸い、良くも悪くもならない状態が数ヶ月続いています。 ですが、最近階段を上がると息切れがしています。しばらくすると落ち着きます。 イレッサの頃に比べて治療のたびに元気がなくなるので見ているほうも辛いです。 副作用が出た当時、間質性肺炎になると助かる見込みが少ないと説明を受けましたが、その後落ち着いたので、もしかしたら間質性肺炎ではなかったのではないかと思いたいのですが、検査をした結果ならやはり間違いないですか? 一時的とはいえ、イレッサのお陰で多少なりとも回復していた姿を見ているだけに、心のどこかで期待してしまいます。 (70代以上 男性)

70代以上/男性
Q

母の肺がんの治療方法(2)

続きです。 【母の状態】右上葉肺切除。長期の喫煙暦あり。肺気腫の診断あり(酸素導入なし)。B型肝炎。幼児期に肺結核の形跡。左横隔膜上胸膜の石灰化。息切れあり。時折の不整脈でワーファリンを服用してしていたが、現在服用なし。抗がん剤投与により白血球減少傾向あり(最低500)。吐き気、食欲不振等の副作用はなし。基本的に食欲あり。治療に対する意欲あり。肺活量:70% 酸素値(平均):95 【家での母の生活】1日3度の食事。食事の支度。短い散歩。1週間に1度くらいスーパーへ買出し。その他は、TVを見ているか寝ているか。 【疑問】1)母の状態からすると、イレッサ時の間質性肺炎発症の確立は、普通よりも極めて高いのでしょうか? 2)間質性肺炎を発症した際の救命は、医師のイレッサ使用の実績(経験値)に左右されるのでしょうか?例えば、発症時のステロイド投与は、量や回数に微妙なサジ加減が必要なのでしょうか?母を回診している医師(チームのうちの1人)は、母のような状態の患者へのイレッサ投与の経験がないとのこと。3)B病院では、C病院ほどに母の状態を危惧する様子はありませんでした。C病院では治療の説明だけでも同意書を求めました。ここまで見解が違うものなのでしょうか? 4)母の場合、本当に抗がん剤は選択肢としてないのでしょか?C病院では抗がん剤はやらないが、できたとしても1種類のみ。効果より死期を早める可能性の方が高いだけ、との説明あり。B病院ではもう1クール薦められていました。 5)このような状況で、これからの治療法をどのように選択していけばよいのか、ほとんど途方に暮れています。母を見ている限りでは、量は少なくなったものの食欲もあるし、声のハリや顔色、行動から、悪くなっているというよりは、むしろ徐々に回復している印象が強いです。また、何より本人に治療への意欲があります。それでもやはり緩和治療を選択肢に含むべきなのでしょうか? (70代以上 女性)

70代以上/女性
Q

放射線治療のタイミング

よろしくお願い致します。 母が肺腺がんでイレッサ服用、転移部もありましたが現在は転移部はPET上消失。 イレッサ耐性につき現在アリムタ単剤服用中です。 直近のPET検査では右肺、肺野部1箇所と気管支近接、肺門リンパ節転移と考えられる2つの大きな集積がありました。 イレッサが終わったので2つの集積への放射線治療の可能性を考えていました。 PETの結果、所見をみていただいたセカンドオピニオンの先生は気管支に近接している肺門部は放射線で治療するのは難しいかも知れないとの見解でしたが、こちらのサイトで質問させていただき肺門部へのIMRTの治療が可能ではとご教授いただきました。 その後、主治医の先生の診察でピンポイントの放射線治療の件で質問すると、今放射線治療をするとのリスク、肺が繊維?化するとか、また一番訴えておられたのが放射線肺炎のことで、肺炎が発症すれば以降、抗がん剤治療が出来なくなるとのことでした。 胸膜播種の疑いもあるので根治照射とはいかないのかなとは思っているのですが、じゃあ抗がん剤も薬剤性肺炎のリスクがあり薬剤性肺炎がおきれば以降は抗がん剤治療はできなんじゃないのかと思いました。 そこでお伺いしたいのが、 ○放射性肺炎と薬剤性肺炎もどちらがリスクが高いのか ○また放射線治療をするならある程度薬を使ったあとがいいのか、早めの治療かどちらがいいのか です。 情報として ○腫瘍の大きさは2cmから2.5cmが肺門部で肺野部は少しそれより大きいくらいです。 ○使用した薬の履歴はファーストラインはイレッサでその次が現在のアリムタ。 ○以前、使用する薬はガイドラインの奏功率順で決まっているとお話があったのでその順番になりそうです。 ちなみにもう後期高齢者なので単剤中心とのお話もありました。 以上、回答の程宜しくお願い致します。 (70代以上 女性)

70代以上/女性
Q

肺癌術後、肝臓、骨転移、間質性肺炎、今後の治療

73歳母。4月に血痰でA院受診。5月末右肺扁平上皮癌ステージ2bと左肺癌疑いと診断。7月末胸腔鏡補助下右肺下葉切除術(途中開胸)を受け、53個のリンパ節中LN12の1個に転移、結果pT3,pN1,cM0、pStage3Aの進行肺癌、再発の可能性ありと説明。基礎疾患に高血圧症、3年半前に関節リウマチを発症し、間質性肺炎の合併症の為、当初化学療法はしない方針。8月末に退院経過観察し、左肺手術の検討の為10月半ばPET検査をすると、5月の左肺癌疑いの部位は改善し近くの部位に新反応が見られ、炎症性の診断で手術の必要性はなく、右肺は胸膜播種性結節が見られ、再発疑いと説明。間質性肺炎もやや増加で、このとき肝臓を含め明らかな異常はない、と説明。そこで、手術時に採取した自己癌組織を用いた免疫療法を以前から検討していたので、A院主治医紹介のB院で免疫療法準備を進め12月から開始予定が、開始前の11月半ば体調悪化、B院で肝転移を指摘され、すぐにナベルビン+アバスチンの抗がん剤をA院で投与してもらうよう勧められ、翌日A院を受診。CT等の検査、翌週来院予定も、痛みで歩けなくなり12/4に入院。結果、多発肝転移、腰椎転移と診断。短期間の悪化で肝不全で年内もつか、もっても2、3ヶ月と説明。緩和ケアのみ行うか、効果の期待は少なく、間質性肺炎の急性増悪のリスクがあるが、少しでも改善を期待し化学療法を試すか、とても悩み、母はどちらでもよいと言い、明日一度化学療法を試すことに。痛み増加でトラマールからオピオイドに変更。車椅子移動も困難、尿は管が入り、一昨日から血痰が多くなり、アバスチンをやめナベルビンのみ減量投与予定。化学療法の効果やリスク、今後どうすればよいか、多くの経験をお持ちのA院先生ですが、お忙しくゆっくり相談する時間もなく、どうかアドバイスを宜しくお願い致します。 (70代以上/女性)

70代以上/女性

無料で見られるQ&A

Q

子供の手足口病の疑い

よろしくお願いします。子供は6才です。 子供の手足口病について教えてください。 4日前に手足口病の3才の子と遊びました。汗疹とおもっていたのが、手足口病だったようです。湿疹は水疱がある感じではなく、友達ももう咳とかからはうつらないよ!ってことだったのですが、その次の日そのお母さんが手足口病になりました。 うちの子はまぁ大丈夫だろうと思っていたら、今日熱は37℃5分くらいですが 手に1つだけ、ポツっとできています。 手足口だった場合どうしたらいいですか? 小学生なので、学校のこともあるしこの程度でも診察してもらう方がいいですか? 今日が土曜日で、明日明後日は病院がやっていないので迷っています。 (10歳未満/女性)

10歳未満/女性
Q

大人の手足口病

いつもお世話になります。 息子の手足口病が主人に感染してしまいました。 39度代の発熱と喉の湿疹から始まり今日で4日目ですが、手足の湿疹が酷く強い痛みもあるようです。 手足口病には特効薬がないということなので、初日に内科を受診して以降は受診していませんが、このような痛みはやはりひたすら我慢するしかないのでしょうか? PL顆粒を飲んでいますが、痛みは引かないようです。 また、先程赤っぽい尿が出たというのですが、手足口病で血尿が出ることはあるのでしょうか? 関係ないかもしれませんが、今日は水分をあまり摂らなかったそうです。 最後に、息子から主人に感染した手足口病が、また主人から息子に感染することはあるのでしょうか? よろしくお願いいたします。 (30代/男性)

30代/男性
Q

子宮頸がん検診で精密検査

今月子宮頸がん検診を受けて結果が届いたところ、要精密検査でした。去年まで異常なしだったのですごく不安で、検診をしてもらった産婦人科を受診しました。そこで精密検査をしたときに先生から診たところ異形成かなぁと言われました。軽度から中度かなぁとも…。ガンではないよと言われましたが、異常とか異形成と言われると心配も消えず…結果にもよりますが、正常に戻ることは可能ですか?来月結婚するので妊娠も希望しています。異形成でも妊娠、出産できますか? (20代/女性)

20代/女性
Q

こどもの自閉症の可能性

乳児の共同注意について。1歳1か月になる乳児です。後方の指差し追従ができません。こちらの視線をおってその方向をみるとゆうのもはっきり感じられません。この時期にこれができていないのは自閉症の可能性ありですか? 視線はあい、いないいないばー遊びします。要求の指差し、手さしありますがこちらを見るときと見ない時とあります。おもちゃを電話のようにする見たてもでき模倣もできています。 言葉の理解はありで、頂戴、どうぞなどは「はい」とゆってしてくれます。言葉は、アンパンマンを指差しパンパンとゆったりおっぱいをパイとゆったりします。あと家族の名前をゆうとその人の顔をみたり指差したりします。 指差し追従が気になります。視野内の指差しは名詞をつけてゆうとてきているようですが、名詞なしで「あれ、みて」だとむかない時あります。自閉症の可能性ありですか? (乳幼児/女性)

乳幼児/女性
Q

マンモグラフィの1方向と2方向の差

マンモグラフィ-で乳癌検診をしようと思いました。市民健診では50歳以上なので1方向した取らないらしく費用もかなり低めに設定されてます。2方向だと自費になると言われました。去年7月に無料で市民健診では1方向で異常なしでした。 やはり2方向のが方が良いのはあたりまえだと思いますが、どちらか良いのでしょうか? (50代/女性)

50代/女性

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。