Q

高安動脈炎とアレルギー性肉芽腫性血管炎の違い

高安病患者です。病変は、頸動脈、右冠動脈、肺動脈の3箇所です。

●これまでの経過など
2010年に出産(通常分娩)。12年2月より原因不明の微熱が2ヶ月続き、同年6月に「咳喘息」と診断される。翌年4月より耳鳴り、6月末に左側胸部痛が出現、2013年11月に「高安動脈炎」と診断される。ステロイド60ミリ/日から加療がスタートし、現在5ミリ/日。また、2014年5月には「狭心症」と診断をされる。

●服薬中のおもな薬
プレドニン、タクロリムス(免疫抑制剤)、ワーファリン、アーチスト錠など

前述のとおり、高安動脈炎と診断される数年前に、咳喘息の疑いでぜんそくの治療をしておりました。診断治療開始後は、咳喘息の症状は出ず、吸入も中止していました。

最近では夏に咽頭炎と頸部のリンパ節炎にかかり2ヶ月かかってようやく治ったと思ったら、10月に入り、就寝中に異常な呼吸音(喘鳴?)が聞こえてくるので、近くの開業医にかかったところ、再び「咳喘息」の疑いと言われ(既往歴や問診と聴診による)、吸入を再開。1ヶ月前の血液検査では、CRPは0.2。

咳喘息になって数年後に高安動脈炎と診断されているので、ステロイドの服用量が減ってきたいま、高安動脈炎の再燃の前兆サインなのではないかと心配です。

同じ血管炎の一つに、「アレルギー性肉芽腫性血管炎」というものがあるかと思いますが、この特徴(ぜんそくの発作がみられる点)にも当てはまるのではないかと素人ながら推察します。

◆質問事項
1.高安動脈炎とアレルギー性肉芽腫性血管炎では、治療方法や検査項目(指標)が変わってくるのでしょうか?

2.1で違いがある場合、受けた方がいい検査項目(指標)などあれば教えてください。

以上、1ヶ月後の主治医との診察にむけて質問事項をまとめるべく、こちらでご相談させていただければ幸いです。
(30代/女性)

質問者:たま さん

1人の医師からの
回答があります

あば 先生

あば 先生による、たまさんの高安動脈炎とアレルギー性肉芽腫性血管炎の違いへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。