Q

臨死状態と完全死について

お世話になっております。

「臨死体験」「臨死状態」について疑問に思ったことがあります。

現代の医療技術では死亡確認を誤ることはまずない、と以前こちらでお返事を戴きました。
では、死亡確認されてから蘇生した人が世界中でもそれなりの数いるのは何故でしょうか。
医療機関での医師による死亡確認と思われます。
日本でも、死亡確認してから30分後に蘇生した方がいると読んだことがあります。

言葉の意味で完全死と臨死の違いは解りますが、実際の状態の違いが難しいです。

死亡確認 → 臨死状態から蘇生
ということになると、この死亡確認は何だったのでしょうか。

臨死状態から蘇生した人の中には、臨死中にいろいろな体験をし、体験談を話す方もいるようで‥。

お返事、宜しくお願い致します。
(30代/女性)

質問者:へいじぶ さん

9人の医師からの
回答があります

ななみこ 先生

ななみこ 先生による、へいじぶさんの臨死状態と完全死についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

    なし

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。