Q

がんけん痙攣の治療療法の一つに抗不安薬とは?

薬剤性がんけい痙攣の場合、ベンゾジアゼピン等の薬を服用していると
悪化させる一つの要因になると考えられている?様ですが、
がんけん痙攣の治療の際に
内服療法で抗けいれん薬や抗コリン薬、SSRIや
抗不安薬のセルシン、ホリズン等を用いる事があるそうですが、
その中に悪化させる要因となっているかもしれない
ベンゾジアゼピンを治療薬の際に用いられるのは、多少痙攣を抑えられる効果があるから用いられているという事でしょうか?それともがんけん痙攣に伴う精神的、身体的苦痛や不安を和らげるという意味で用いられているのでしょうか?
また、こういった薬剤性がんけん痙攣になっている人がさらにベンゾジアゼピンを用いたら、一般的にはがんけん痙攣は悪化するのかそれとも良くなるのでしょうか?その場合、上記に書いたセルシン、ホリズン以外のあらゆる
BZP等でも同じ事が言えるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

(60代/女性)

質問者:ホワイトキャット さん

11人の医師からの
回答があります

neurosurgeon 先生

neurosurgeon 先生による、ホワイトキャットさんのがんけん痙攣の治療療法の一つに抗不安薬とは?への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。