アバスチン注射5年目、黄斑浮腫が引きません

person70代以上/女性 解決済み

5年前にかかりつけ眼科で大規模な眼底出血が確認され、紹介先病院で網膜静脈分枝閉塞症と診断されました。
アドナを服用して様子見するよう言われものの、3ヶ月で視力は1.2から0.6まで下降。視野の歪みは治らず、視野中心部の影も大きくなってきました。
他院でセカンドオピニオンを求めたところ、黄斑浮腫の併発を指摘され、レーザーを緊急処置されました。アバスチンの同時注射も勧められましたが、本人が「抗がん剤は怖い」と恐れ、見送りました。
レーザー処置後、眼底出血の拡大は阻止され、視力は0.8まで持ち直しましたが、黄斑浮腫が悪化していたため、アバスチン注射を受けました。

現在は眼底出血の再発は殆どないものの、視力は0.2前後で固定、黄斑浮腫も当初より肥大した状態で固定しています。3ヶ月に一度、アバスチン注射を受けてはいますが、効果が見られなくなりました。
今年に入ってからは、飛蚊症と光視症の発症が確認されました。

このままアバスチンを続けていても、メリットはありますでしょうか?
現在はルセンティスが主流だとも聞きますが、高齢者の場合、脳血栓などを起こす恐れがあるとも聞きます。それを考えると、アバスチンのほうが安全なのでしょうか?
ちなみに現在通院している病院は、アバスチン以外の注射薬は採用しておられません。
なお患者には、本態性高血圧と家族性高コレステロールの症状がございます。

主治医の先生は、治療を続けるか否かは患者自身が決めることとのご見解です。
こちらでアドバイスをいただければと思い、ご相談いたしたしました。
何卒よろしくお願い申しあげます。

person_outline30代・娘 さん -

10名の医師が回答しています

Luke Kyoto 先生

眼科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師