Q

心療内科や精神科の先生怖いです。

自律神経の働きは
内臓の働き、体温、血圧、ホルモン、免疫などの恒常性を保つために必要なシステムを調節している神経です。
ですから、その自律神経が乱れることでからだにいろいろな症状が出てきます。その症状を無視してずっと頑張り続けると、からだは更に悪くなり、戻ることがさらに難しくなります。寝たきり、突然死、過労死、脳卒中、情緒不安定、不定愁訴、ガン、膠原病など治りにくい病気になる可能性が高まります。

自律神経が乱れるということはどういうことでしょうか。
それは慢性的に交感神経や副交感神経のバランスが崩れるということです。一番分かりやすいのはストレスを受けることで交感神経が慢性的に緊張状態になることです。ストレスについては 自律神経失調症の原因とは を参照して下さい。

交感神経が緊張状態になると

交感神経が緊張状態になるとアドレナリンが放出され、その作用として、顆粒球と活性酸素の増加/脈拍の上昇/血流障害がおこります。

顆粒球と活性酸素の増加により化膿性の炎症や組織破壊による炎症が起きるため、
急性肺炎、膵炎、歯槽膿漏、胃潰瘍、痔、白内障、ガン、多臓器不全のリスクが高まります。
激しい運動はせず、軽い運動にとどめる。
(30代/男性)

質問者:なおと さん

6人の医師からの
回答があります

hero2005 先生

hero2005 先生による、なおとさんの心療内科や精神科の先生怖いです。への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。