Q

yanagimd先生、よろしくお願いします。

質問者:おなつさん さん
通報する

先生、こんにちは。
先日は子供達のことを始め、お蜜柑や聖書の情報をありがとうございました。

今日はまた娘のことです。

数日前にやたらと顎の辺りを触るので尋ねると、リンパ節がグリグリひっくり返る感じが気持ち悪いような痛いような…というので、また一気に不安になってしまいました。

実は2月2日に血液検査をした時に前回との比較のために、腫れて痛いと言っていたリンパ節の大きさを測ってもらいました。その時、横が20.2ミリだったと思いますが、その時の技師さんが詳しく説明してくれる人ではなく、数値は曖昧のままで「変化なし」と言われています。
最初が19.4ミリだったので、1ミリ大きくなっていることが気になりましたが、そこは気にしすぎだと自分に言い聞かせて過ごしてきたのですが…。
2年前も23ミリほどの大きさだったことを記憶していますが、ずっと2センチ前後の大きさが続いていることが不安です。
今日、これからもう一度エコー検査を受けに行こうかと考えています。

こちらの過去の投稿を読んでいて、他の小児科の先生が同じような不安を抱えた方に対して、良性なら小さくなるのが普通だから、1か月も大きさが変化しない場合はずぐに受診するようにアドバイスをしていました。
娘は大丈夫でしょうか…。

触ってみると確かにまだ触れます。
大きさは触り方で感じ方も変わるので、大きくなったように感じる瞬間もあり、よくわかりません。
ですが、通常、リンパ節は手に触れにくいものではないかと思うと…。
気にしすぎでしょうか。
熱はありません。
朝起きた時に少し咳と鼻水はありますが、風邪というほどでもないような状態です。

(10代/女性)

yanagimd 先生
小児内科

yanagimd先生

>1ミリ大きくなっていることが気になりましたが、
超音波検査(エコー検査)で、1mmの違いは、測定誤差だと思った方が良いです。
2cmくらいのままならば、様子を見て良いでしょう。
>朝起きた時に少し咳と鼻水はありますが、風邪というほどでもないような状態です。
風邪気味で、扁桃腺が腫れて、リンパ節も腫れ気味なのかも知れませんね。
喉が痛かったり、扁桃腺が膿んでいるようならば、診て貰うと良いでしょう。
悪い病気は、心配しないで良いでしょう。

おなつさんさん

先生、ご回答ありがとうございます。

先生、今度こそもうダメかもしれません。
やはり心配で先ほど診察を受けてきたのですが、エコー検査をしたところ、24.5×9.2ミリになっていました。
最初の診察時には痛みがあり、その時(1月12日)が20.5ミリ×9ミリ(19.4ミリ×9ミリと投稿時に書きましたが、保存された記録はこうなっていました。)でした。
その後2月2日に再度検査したときが20.2ミリとちらっと見えたと思います。
そして今日、24.5ミリ・・・明らかに大きくなっています。

冷や汗と過呼吸で倒れ込んでしまいました。
それなのに医師はなぜか問題ないと言います・・・。

2014年9月、やはりリンパ節の腫れに気づき受診しました。その時が21ミリ前後だったと思います。その数日後、23ミリ台でした。その時も過呼吸を起こしてしまいましたが、今回はそれ以上です。
縦の長さは1,2ミリの差しかありませんが、5ミリ近くも横幅が大きくなっています。

医師にそのことを何度も指摘し、大きな病院で精密検査を受けた方が良いのではないか、紹介状を書いて下さいとお願いしましたが、形や触診からその必要はないと言い、最後まで紹介状を書いてくれませんでした。

インターネットで調べれば、必ず2センチ以上の腫れはおかしい。継続する場合は悪性リンパ腫の可能性があると書いてあります。良性なら小さくなると書いてあります。

でも娘のリンパ節は、常に2センチ前後あります。小さくても19ミリ台です。

先生、どうしたらいいですか。
熱もなく、本人は至って元気です。今朝の咳や鼻症状も朝だけだったと本人も自覚症状はないと言います。どうせなら、風邪症状があればまだ説明が付くのに、何もないと言うのです。

とにかく不安でたまりません。このまま放置することが恐ろしくてたまりません。

yanagimd先生

>エコー検査をしたところ、24.5×9.2ミリになっていました。
2014年10月には、リンパ節は、23.3×11.3ミリの時もあったそうですが、その時に比して、横幅は多少大きくなっていますが、縦幅は短くなっています。
https://askdoctors.m3.com/topics/detail/11835974
扁桃腺が腫れて一時的にリンパ節も腫れていたり、測定誤差の可能性があるでしょう。
御心配なら、血液検査をして貰うと良いでしょうが、検査して異常値が出ても、心配し過ぎないで良いでしょう。
EBウィルスは、4年生の時に、既に感染済み(抗体が陽性)だったそうですが、EBウイルスは、他のヘルペスウイルス科のウイルス(単純ヘルペスウイルスなど)と同様に、感染すると体内に潜伏感染していて、体力(免疫力)が低下すると、再活動し、リンパ節が腫れたりすることがあります。

おなつさんさん

先生、ご回答ありがとうございます。
すみません、どうしても不安で・・・。

娘は小学生高学年まで、口唇ヘルペスが時々出ていました。4歳くらいの時にヘルペス性歯肉口内炎になって、リンパ節の腫れがひかなかったことで、その後も大学病院を紹介してもらったこともありましたし、その後もう一度リンパ節の腫れが気になり、同じ大学病院の先生に診てもらっています。多分その時に血液検査もして、悪性リンパ腫の腫瘍マーカーとEBウイルスの抗体も調べたと思います。

その当時は、左右両方のリンパ節の腫れがありましたが、17,8ミリで2センチはなかったです。なので全然今回とは別だと考えると、このリンパ節(左側のみ1個)は1年半前に発見したのが最初となります。
今日技師に同じものだと確認しました。
最初から20ミリ以上で、それがいつ始まったのか分かりませんが、この1年半で最大で5ミリの幅で大きさが動いているだけでほとんど小さくなていませんし、今回はたった一ヶ月で4ミリ前後大きくなっています。

私にとっては、2センチ以上、痛みなし、継続している、急に大きくなっている、この4つの条件で、良性と言える理由が分かりません。
医師は「形と血流と今までの経過で大丈夫だろう」と言った後に、最後には様子を見ましょう。経過観察で良いですよと言われると、早期発見は諦めなさいと言われている気がします。

先生、本当に不安です。

yanagimd先生

小児で頚部リンパ節が腫れる原因としては、ウイルス(EBウイルス、アデノウイルスなど)や、細菌(溶連菌、黄色ブドウ球菌など)が原因のことが多いです。
小児の悪性リンパ腫は、白血病より更に稀な病気ですし、今の状況ならば、悪性リンパ腫は、心配しないで良いでしょう。
悪性リンパ腫ならば、同じ部位に複数のリンパ節が腫れたり、別の部位のリンパ節も腫れることがあります。
私が大学病院勤務時代に担当した悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫)の患者さんは、リンパ節は、4cm以上の大きさがありました(↓閲覧に御注意して下さい)。
http://hobab.fc2web.com/sub6-EBV.htm
引き続き、様子を見て、腫れが酷くなるようならば、検査して貰えば、大丈夫でしょう。

おなつさんさん

先生、ご回答ありがとうございます。

今までこんなに辛い結果はなかったので…まだ不安で、何もできないのが苦しいです。
紹介して頂いた所を見て見ましたが、リンパ節の大きさに関しての情報を探すことができませんでした。
25ミリのリンパ節…横が今までの最大値から2ミリほど大きくなっても、縦が2ミリ小さくなっていれば大きくなったとは言わないのでしょうか。
大きさの問題ではなく、本当に形や画像の見た目、触診で悪性を否定できるのでしょうか。
医師にいくら紹介状を書いて欲しいと頼んでも、お母さんが安心するために針を刺す検査をさせるのは娘には残酷だとまで言われました。

先生、25ミリですよ。
2センチ以上、増大傾向、痛みなし…悪性リンパ腫しか浮かばないのです。
悪性リンパ腫は血液検査では分からないと言われたこともあるので、生検や切除くらいしか方法も浮かばず…。
医学とはそんなものではないのでしょうか。

ちょっと精神的に追い詰められています。

yanagimd先生

>紹介して頂いた所を見て見ましたが、リンパ節の大きさに関しての情報を探すことができませんでした。
↓の上から二番目の写真で、摘出したリンパ節の右側に定規を置いて、大きさが解かるように撮影してあります。
http://hobab.fc2web.com/sub6-EBV.htm
>25ミリのリンパ節…横が今までの最大値から2ミリほど大きくなっても、縦が2ミリ小さくなっていれば大きくなったとは言わないのでしょうか。
本当に大きくなっているのならば、縦幅も大きくなるでしょう。
2ミリくらいは、測定誤差の可能性があるでしょう。
>医師にいくら紹介状を書いて欲しいと頼んでも、お母さんが安心するために針を刺す検査をさせるのは娘には残酷だとまで言われました。
最終的には、生検をしないと、原因が解からない場合もありますが、今の状況ならば、あえて生検を行う必要はないです。
小児がリンパ節が腫れていることは、比較的、良く有ることです。
最悪の事態は想定しないで、冷静に経過を診て貰うと良いでしょう。

おなつさんさん

先生、ご回答ありがとうございます。

HPの件、ご説明頂いてありがとうございました。
写真、見ることができました。
あれは蝶々のように見えますが、リンパ節がいくつか連なっているのでしょうか。一つの円状のものだけの大きさを見ても4センチくらいありますね。ただ、球状に見えなかったのですが、あんなに偏平な形をしているのですか。

私が今日医師から説明を受けた中に、球状で中の血流が異常に多かったりすると心配だが、偏平な形で、血流も通常のリンパ節の腫れに見られるものだという内容がありました。また、中学生くらいが一番リンパ節が成長(大きくなる)?反応する?というようなことも言われました。
一般内科・外科の医師で小児科ではないのですが、正しいですか。

今朝は、娘が最近ずっと首、肩(左側)を痛がっていたのですが、いつも以上に痛い、夜も眠れなかったと言ってきたので、総合病院を受診する前に整形外科を受診しました。レントゲン上異常がないので運動不足や姿勢が悪いのだろうと言われたのですが、それとこの左側のリンパ節の腫れは関係ないですよね…。特に肩や首に腫れはなく、肩関節の動きが悪いと指摘されただけでした。

午後から学校に行き、夕方迎えに行ったら、少し鼻が詰まると言いました。軽い鼻風邪をひいているのでしょうか。喉は痛くないそうです。腫れている原因が風邪なら説明がつくのに、なんて考えてしまいます。

左側にたった一つ、他は1センチくらいだそうです。

yanagimd先生

真ん中の蝶の羽のように広がって見えるのは、1つのリンパ節を切って広げてあります。その左側に見えるのは、別の小さなリンパ節です。
リンパ節や扁桃腺が一番腫れやすいのは、3~6歳頃だと思われます。
リンパ節も、左側の頚部リンパ節が腫れているようですが、左頚部のリンパ液の流れが悪くて、左首や左肩に痛みを感じるのかも知れませんね。
正座する時間をとって、姿勢を良くしましょう。
鼻水は、アレルギー性鼻炎(花粉症)が原因かも知れませんね。
http://www.tenki.jp/pollen/

おなつさんさん

ご回答ありがとうございます。

先生に返信した後に、もう一度画像を見て半分に切ってあることに気付きました。それから定規を当てながら実物大まで拡大し、サイズを測ったところ、4×3センチくらいのリンパ節だと分かりました。
それくらい悪性リンパ腫の場合は大きいのだとは分かりましたが・・・娘のリンパ節が小さいとはとても思えません。
一番大きく反応するのが幼児の時だと分かって、それもショックでした。中学生(13歳)でここまで大きくなるのはやはり異常ではないでしょうか。

昨日の夜から鼻風邪のような症状はあります。たまにくしゃみしたり、鼻を噛む様子があるので、まったくの健康ではないと思いますが、のどの痛みもありませんし、そんな状態でこんなに腫れることもあるのでしょうか。

また、風邪などをひいてリンパ節が腫れた後、小さくならずに残る場合もあると言われる医師もいますが、2センチ以上のリンパ節がそのまま残っていることもありますか。
今回の診察で医師が、この1年半の経過から、娘はたまたまこのくらいの大きさのリンパ節を持っているということではないかと言いました。

肩の痛みが、もしリンパの流れが悪いために起きているのだとしたら、それこそ病的なものが隠れているということにはなりませんか。

不安だらけです。

yanagimd先生

>中学生(13歳)でここまで大きくなるのはやはり異常ではないでしょうか。
リンパ節の大きくなるのには、体質や食生活が関連していることがあります。
現在、他にも、大人で、リンパ節の腫れに関して、相談していらっしゃる人もいます。
>2センチ以上のリンパ節がそのまま残っていることもありますか。
結構、見られますね。
原因は不明な場合が多いですが、アデノウイルスが持続感染している人もいるのではないと思っています。アデノウイルスは、扁桃腺や腸等に無症状で持続感染し、数カ月~数年の間、ウイルスの排出が持続する型(1型、2型、5型)もあると言われます。
うがいや手洗いを励行し、甘い物(白砂糖)は控えて見ましょう。
うがいは、イソジンうがい薬が良いですが、イソジンうがい薬でうがいをしたなら、2分程後に、水道水で口を漱いで、イソジンうがい薬を洗い落しておきましょう。 
>肩の痛みが、もしリンパの流れが悪いために起きているのだとしたら、
猫背にならないように、姿勢に注意して見ましょう。
悪い病気(悪性リンパ腫など)は、心配しないで良いでしょう。

おなつさんさん

先生、ご回答ありがとうございます。
本当にありがとうございます。

先生の、2センチ以上のリンパ節がそのまま残っている人が結構いる・・・のお言葉で肩の力が抜けた気がしました。
昨日受診した時も、私一人がジタバタと動揺していてパニックを起こしていました。すっかり悪い病気だと思い込んでいたので、先生方がむしろ笑顔で話をされる姿が理解できず、いい加減な診察や見逃しなどがあってはならないと、逆に必死で大きな病院での精密検査をお願いし続けました。
私がどうかしていたのかもしれません。

子ども達の食生活については、小さい頃は気をつけていましたが、最近は食べたいものがハッキリしてきて、私の思うとおりに食べてくれないことも多いです。

お米は無農薬。野菜も週1回、無農薬栽培の農家さんから6種類の野菜を配達してもらいます。量的には少ないので結局スーパーで買い足すことになりますが、少しでも安全なものをと思って続けています。
砂糖はきび砂糖や甜菜糖、醤油は原料は全て国産の有機醤油、油は低温圧搾の植物油(オリーブ油、グレープシード油、しそ油、インカインチオイルなどにしています。調味料も化学調味料が入っていないものをできるだけ使うようにしています。
ですが、おやつはなかなか果物や手作りのものばかりとは行かず、買い与える場合が多いですし、子ども達がお小遣いで勝手に買う物はドーナツやアイスなどが多いです。ジュースはほとんど飲みませんがお菓子は食べます。
やっぱりもっと気をつけないとダメですね。

イソジンでのうがい、早速始めてみます。
肩の痛みも運動やストレッチを薦められているので、二人でやろうと誘ってみます。

先生、本当にありがとうございます。

yanagimd先生

>野菜も週1回、無農薬栽培の農家さんから6種類の野菜を配達してもらいます。
畑やベランダがあるならば、今年は、御家庭で、野菜(トマト、キュウリなど)を栽培されると良いでしょう。
柑橘類は、花だけでなく、新葉も、良い臭いがします。
多価不飽和脂肪酸は、n-6系もn-3系も、摂り過ぎない方が良いと思われます。
昨日は、かなりキレてしまったようですが、主治医の先生が、今の状況で、生検などを勧めないのは、適切な判断だったと思われます。
私は、頭に来ることがあっても、次の日は、忘れるように心がけています。
エペ 4:26 怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。

おなつさんさん

先生、ご回答ありがとうございました。
家庭菜園は、最初の頃は上手くいっていたのですが、隣の土地に大きな家が建って陰が増えたことや、何度か栽培するうちに土が痩せてしまったことで野菜があまり実ができなくなりました。
土の入れ替えや肥料を入れてあげれば良いのかもしれませんが、共働きのうえに子ども達のことで時間を奪われ、実現しないままです。

先生、リンパ節の話ですが、2センチ以上のものがそのまま残る場合は、場所に関係なく残りますか。例えば「そけい部などは大きめのリンパ節が多い」と読んだことがありますが、そけい部ならよく見かけるが、頭頸部では珍しいということではないですよね。

安心しては、次から次にまた疑問や不安が出てきます。

娘ですが、やはり少し風邪はひいている感じです。
熱は昨夜37.0度で、微熱かなと思ったので鼻炎の薬を飲ませました。今朝は鼻が詰まると言っていたので、全くの健康ではないですが、年末からずっと体調を崩していた時とは明らかに違い、元気です。
こんなことではリンパ節が腫れている理由にはならないでしょうか・・・。

また、昨日技師さんの説明で、残っている前回の記録を見ると、画像で言うと少しイボのように飛び出している部分(2,3ミリ)を入れずに計測の開始値点のマークが付いている(20.5ミリ)が今回は飛び出した部分から測って24.5ミリだから、変化なしと考えることもできると言われましたが、そんなことを考えても意味がないでしょうか・・・。
5ミリ大きくなったと思うより、変化なしの方が気が楽なだけで、何の解決にもなりませんよね。

いつまでも、こんな感情を引きずってはいけませんね。

yanagimd先生

そうでしたか。
畑の地表に、買って来た腐葉土か、拾って来た落ち葉を敷いて置くと、自然に分解されて、土が柔らかく、良い臭いになりますよ。
リンパ節は、頚部の方が、鼠径部より、触れることが多いです。
アレルギー性鼻炎があって、回り回って、頚部リンパ節が腫れても、おかしくないでしょう。
1つの2cm大のリンパ節に、別の小さなリンパ節がイボの様に付着していて、大きく計測された可能性があるでしょう。
心配しないで良いでしょう。

おなつさんさん

先生、ご回答ありがとうございます。

いろいろと質問してすみません。
リンパ節の計測は、今回と前回1ヶ月前が形的にほぼ同じように見えているらしく、私も見せてもらったのですが、リンパ節って一本線で描いたようなきれいな楕円形ではないですよね。表面がなめらかにカーブを描いていると言いますか・・・くるみのようにゴツゴツはしていませんが、粘土できれいな球を作ろうとしてもなかなか歪みがでてしまうのに似てます。なので、プローブ?の動かし方によって形も変わって計測も難しいのだと思いますが、前回と今回の計測をした人が違う人で、前回の人は、一番端の縁からではなく、やや内測から計測していると説明されました。その方はしっかり端っこから計測して最大径24.5ミリだから、前回測り切れていない部分を足すと、ほぼ変化はないと私に言いたかったのだと思います。
なので、別のリンパ節とくっついていて、合わせて計測された感じではありませんでした。
私があまりに心配するもので、いわゆる大先生と呼ばれる先生もエコーで診て下さったのですが、大きさなど全くコメントはなく、「大丈夫じゃ。」と言われただけでした。
人の手によって数値が変わるのであればぜひその先生の計測値も聞きたかったのですが・・・もっと大きく出ていたから言わなかったのかと考えたりして、もうミリ単位の数値に囚われてしまっています。

娘はリンパ節を計測したときは元気だったのですが、その後症状が出始めました。リンパ節は後から反応すると記憶にありますが、先にリンパ節が腫れていることもあるということでしょうか。

自分でも、こんなに疑問や不安を作り出し、研究しようとしている意味が分かりません。たぶん、なんとか安心材料を増やしたい我欲ですね。

先生、ご迷惑おかけしてすみません。
先生には本当に感謝しています。

yanagimd先生

>人の手によって数値が変わるのであればぜひその先生の計測値も聞きたかったのですが・・・
超音波検査(エコー検査)は、検査する人によって、どうしても、計測値は、異なりますね。
CT/MRI検査をすれば、もっと正確に大きさなどが解かるでしょうが、通常は、そこまで検査しないでしょう。
>先にリンパ節が腫れていることもあるということでしょうか。
溶連菌感染症でも、頚部リンパ節の腫れの方が、扁桃腺の腫れや発赤より、先に目立つことがあります。
>自分でも、こんなに疑問や不安を作り出し、研究しようとしている意味が分かりません。
先走って、最悪の病気でないかと詮索したり思いわずらうのは、杞憂(取り越し苦労)なので、考えないようにして行きましょう。
まずは、うがいやマスクをさせて、様子を見ましょう。

おなつさんさん

先生、ご回答ありがとうございます。
そうですね、今あれこれ考えても、私の不安が消えることはありませんし、むしろ増すばかりかもしれません。
CTなどの検査も結局は医師が必要だと言わない限りはできない検査ですし、すぐにしてくれる病院もないでしょう。

先ほど仕事から帰宅して娘の様子を見ていますが、鼻風邪のせいか、気持ち悪いと言います。また腰が痛いと今日は朝から言います。
鼻炎で鼻が詰まったりすれば気分も悪くなるでしょうし、肩が痛ければ、繋がっている腰が痛くても不思議ではないと思うのですが、どうしても悪性リンパ腫の症状だったらと思ってしまいます。
熱はないです。

もう一つ気になることがあるのですが、私の母に今回の経緯を話したところ、そんなにレントゲンを撮ったりエコー検査を繰り返して良いのかと言われました。
今回は、頚椎1枚、胸部レントゲンと同じ形で胸を張った姿勢といつものよう前屈みの姿勢の3枚撮りました。全て臍から鼻の位置くらいまでが1枚におさまっています。
これまでも、咳が続いた時、マイコプラズマの時は胸部、膝や足の痛みでも関節、頭痛がひどくてCTも一度、頭部MRIは3回撮っています。エコー検査は数知れず。
これらは将来の発がんリスクになりますか。母の一言でまた不安が増えました。
私もその何十倍も45年の人生で受けた検査ですが、今の所無事ですので、そんなはずはないと思いつつも、子供の頃に受けた検査は与える影響も違うのかと…。

これも取り越し苦労であってほしいです。

yanagimd先生

テレビでも放送していましたが、花粉が飛んでいるので、鼻水は、花粉症(アレルギー性鼻炎)の可能性もあるでしょう。
レントゲン撮影は、被曝しますが、通常は、心配しないで良いでしょう。被曝量(mSv)は、単純X線撮影=0.05~0.5、CT撮影=2.4~12.9、飛行機(東京~ニューヨーク往復)=0.2、自然界での年間被曝量=2.4と言われます。
MRI検査や超音波検査(エコー検査)は、何回受けても、心配ないでしょう。

おなつさんさん

先生、ご回答ありがとうございます。

レントゲンの被ばく量に確か1年で受けても心配ない量(制限)があったと思いますが、どのくらいのレントゲンを撮ると、その量を超えるのでしょうか。
普通に年に数回病院にかかり、レントゲンを撮ったり、健康診断で胃のバリウム検査(これも被曝量は高いと聞いたことがあります)を受けるくらいでは問題ないですよね。

娘は鼻づまりが酷くなってきているようで、やはり花粉症というよりは風邪っぽいです。2週間ほ前に息子が鼻風邪をひき、1週間前から私が同じ症状で数日くしゃみ鼻水鼻づまりに悩まされました。ようやく楽になってきたなと思っていたら娘が似たような感じなので、今度は私がうつしたでしょうか。
主人以外はみんな外出先、学校、職場ではマスクをつけますが、家ではつけないでくしゃみを連発していました。
今はアレルギー性鼻炎の残薬を飲ませていますが、鼻づまりがきつい時には、明日にでも在宅医を受診します。

リンパ節のことはしばらく忘れて過ごすように努めてみます。

先生、本当にいつもありがとうございます。

yanagimd先生

議論がありますが、小児は、CT検査の累計被曝量が5mGy以下の患児に比して、30mGy以上被曝した患児は、3.18倍、白血病を発症し易くなり、50~70mGy以上被曝した患児は、2.82倍、脳腫瘍を発症し易くなると言う報告があります。
そうすると、娘さんは、風邪(ウイルス性感染症)が原因の可能性があるでしょう。
悪性リンパ腫のことは、忘れて、思い浮かべないようにしましょう。

おなつさんさん

先生、ご回答ありがとうございました。

被曝量の単位にmSvとmGyがありますが、違いがわからず調べてみました。でも頭が悪くてよくわかりませんでした。体に受ける影響を表すのがmGyでしたでしょうか。同じ検査で数値が変わるので難しいです。
CT検査の被曝量もレントゲンの被曝量も、様々でどれが本当なのかわかりませんでした。機械や設定によって異なるのかもしれませんね。

心配のあまり無理を言って検査をお願いするようなことはしていませんが、病院に行けばどうしてもその流れになることが多いです。
耳鼻科で鼻が詰まると言うと必ずと言っていいほど鼻のレントゲンを2枚とられます。
やはりCTが一番高いですね。頭痛がひどい時に安易にうけてしまいましたが、今後は本当に必要な検査か医師に確認して、医者が強く勧めない限りは控えようと思います。
頭部CTの被曝量をmGyで表すとどのくらいになるのですか。

昨日の夜、こんな状況の中で、娘の初潮が来ました。遅いのではと心配していましたので一安心です。
今日はお赤飯を炊こうと思います。

先生、いつもありがとうございます。

yanagimd先生

詳細は失念しましたが、シーベルト値は、臓器等の組織ごとに、吸収線量(グレイ値)×放射線加重係数(受けた放射線の種類による影響の違い)×組織加重係数(体の部位による放射線を受けた影響の違い)を求め、合計した値です。
http://www.aomori-hb.jp/ahb3_5_6_06.html
CT検査による吸収線量(mGy)は、↓のQ7の表4を参照下さい。
http://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/home/hp-radio/info.html
丸川環境相の発言ではないですが、危ないと言う人には、何故、危なくないか納得させるのは困難でしょう。
(今日から所要で出かける予定です。)

おなつさんさん

先生、ご回答ありがとうございます。

度重なる質問にご丁寧に回答していただき、 感謝しております。
先生、怒っていらっしゃいますか…?
私のあまりの取り乱しように、きっと先生のご気分を悪くしてしまいましたよね。
本当にすみませんでした。

数日前に(娘のリンパ節が腫れているのに気づく前)、ようやく聖書のCDROMを注文して、現在届くのを待っているところです。読み進めるうちに、心も落ち着きを取り戻し、自分の愚かさが見えてくることと思います。不安はあってももっと冷静に物事を見る力が私には足りないですし、もっと人として成長しなければいけないと反省しています。
先生にもたくさんご迷惑をかけています。

今日からお出かけなんですね。気温も温かいのでお出かけ日和ですね。
お忙しい中ご回答下さってありがとうございました。

(先生がご紹介して下さった甘平ですが、ネットで注文して食べました。普通の蜜柑よりもサイズが大きくて、とても美味しかったです。蜜柑好きの子供達があっという間に食べてしまいました。その後、職場近くのスーパーで売っているのを発見して、食べたい時は寄って買っています。お値段は少し高いですが、とても美味しいです。ありがとうございます。)

yanagimd先生

別に怒ったり、気分を悪くしたりはしていないので、御心配なく。
初潮は、思春期の後期に、身長の急激な伸び(身長スパート)が止まる頃に起こると言われます。
https://www.takeda.co.jp/patients/pp/pp01.html
(甘平は、砂糖のように甘く、砂瓤=果汁が入った小さいつぶつぶが、プチプチしていて食感も良いです。ただ、甘平は、栽培が難しく、生産者や保管状況などによって、酸味など品質が異なるので、いろいろな御店で購入して食べ比べて見ると良いでしょう。)

おなつさんさん

先生、ご回答ありがとうございます。
先生がご気分を悪くされているのではと不安でした。そうではなくて良かったです。
娘の身長は152cm前後なので、生理が始まるとあと3,4センチしか伸びないようですね。今の女の子はすらっと背が高い子が多いので、160cmくらいはあって欲しいと思っていますが、厳しいかもしれませんね。

(甘平を偶然見つけたお店は、高級食材を揃えているセレブなお店なので売っているのだと思いますが、近所の安売りを意識しているスーパーで売られているのを見たことないんですよね。果物直売店なども回ってみようと思います。またネットで購入しても良いですね。今回注文したお店の甘平はとても甘くて美味しかったです。ありがとうございます。)

yanagimd先生

娘さんは、13歳になっているのですよね?
手の骨のレントゲン写真を撮って、骨年齢を評価して貰えば、最終身長を予測して貰えるでしょう。
(甘平は、以前は、1個1000円以上もしましたが、生産量が増えて、今年は、近くのスーパーでも、2個入りで400円程で売っていました。ネットも売っていますが、売り切れて御店が多いようです。)

おなつさんさん

先生、ご回答ありがとうございます。
お礼の返信が遅くなり申し訳ありません。

娘は13歳2カ月です。
骨年齢というのがレントゲンでわかるんですね、すごいです。
整形外科で良いのでしょうか。

(甘平はこちらでは2個で500円くらいで売られています。1個1000円の頃もあったのですね。驚きました。ネットで購入したものは15個前後で3000円くらいでした。家庭用で頼んだので少し安価だったのかもしれません。いろいろ食べ比べてみるのも楽しそうです。)

yanagimd先生

骨年齢は、手の骨のレントゲン写真を撮って、Greulich & Pyle法(Radiographic atlas of skeletal development of the hand and wrist)などで評価しますが、経験が必要です。
骨年齢<暦年齢で、骨端線の閉鎖が遅れていれば、最終身長は伸びます。
内分泌が得意な小児科医に診て貰うと良いでしょう。
(甘平は、以前のせとかと同様に、高島屋では、1個千円以上の価格で売っていると、テレビで放送していました。訳有りだと、外果皮に傷や病変がありますが、味はあまり変わらないようです。)

おなつさんさん

先生、昨夜のご回答ありがとうございました。
気が付かず、すみません。

小児科に言ってレントゲンを撮ってもらえば、骨年齢が分かるのですね。
時間を見つけて受診しようと思います。ありがとうございます。

(甘平は甘平でもいろいろランクがあるということですね。我が家は美味しければそれで大満足なので、形や大きさ、傷などは全く気になりません(笑)。
果物は難しいかなと思いますが、野菜作りをもう一度挑戦してみようと思っています。まずは土作りからやってみます。)

yanagimd先生

骨年齢は、小児科医でも、経験やアトラスがないと、正確に評価出来ないでしょう。
御家庭で、無農薬の野菜を栽培することは、家族の健康に良いでしょう。

おなつさんさん

先生、ご回答ありがとうございます。
>骨年齢は、小児科医でも、経験やアトラスがないと・・・
ということは、一度受診する前に病院に連絡して、診断が可能か確認した方がいいですね。

娘は鼻詰まりは辛いようですが、熱はなく、喉の痛みもないです。
リンパ節はあえてチェックしないようにしています。触ったらまた不安になりそうなので・・・。

不安になったら聖書を読んで心を落ち着けたいと思います。

家庭菜園、食育や家族間のコミュニケーションにも良い影響を与えると思うので頑張ります。
先生、いつもありがとうございます。

yanagimd先生

骨年齢を評価して貰えるか、電話で確認してから、診て貰うと良いでしょう。
リンパ節のことは、しばらく、忘れていましょう。

おなつさんさん

先生、おはようございます。

リンパ節のことは忘れて過ごすようにしているつもりですが、昨夜「リンパ節の血流」というキーワードでネットサーフィンしていて偶然こんなページを見つけました。
www.dent.niigata-u.ac.jp/radiology/handout/US_handson_131117.pdf
ここです。
リンパ節についてとても詳しく、エコー画像付きで解説してあるのですが、4ページ目にあるリンパ節が長径が27ミリです。大人のリンパ節ですが、正常なリンパ節として載っていたので、娘だけが大きなリンパ節を持っているのではないのだと改めて理解できました。
短径が6ミリだったのですが、娘の9ミリも厚くはないですよね。10ミリ超えていたこともあったので大きくなっていないし、と安心することにしています。

娘の鼻炎の症状は続いていますが、熱もないですし、置き薬で対応しています。

骨年齢については、今日にでも、かかりつけの小児科に聞いてみようと思っています。

yanagimd先生

御紹介頂いたHPの6頁には、下記のように記載されていますね。
炎症性腫脹の場合にはリンパ節本来の楕円体の形態的特徴を残しつつ腫大し、門が認められる場合が多い。
腫瘍性腫脹の場合は形態が楕円体から球体に近くなり、門が消失する場合が多い。
壊死性リンパ節炎や結核性リンパ節炎では、内部が不均一となり、転移リンパ節類似の所見を呈する場合がある。
http://www.dent.niigata-u.ac.jp/radiology/handout/US_handson_131117.pdf
いずれにせよ、リンパ節のことは、しばらく忘れていて良いでしょう。

おなつさんさん

先生、昨日はご回答ありがとうございました。

偶然見つけたHPでしたが、リンパ節についての詳しい説明をあれこれ読んでいると、私が薄っぺらい知識で不安がっても仕方がないのかなと思いました。
医師が問題ないという時は、それを信じないといけませんね。

正直に言うと、まだ今はどのくらいの大きさなんだろう・・・と娘の首筋を触りたくなる衝動に駆られますが、深呼吸をして心を落ち着けるようにしています。そんなことをしても良い結果など出ないことが多いので(今回もふと触ってみようと思ったところから始まりました)。

また週末にかけて寒くなるようですね。
なかなか春が来ず・・・私は寒いのが大の苦手なのでがっかりです。
インフルエンザも減少傾向にあるとニュースで言っていましたが、こちらはまだまだ勢いがおさまりません。子ども達の学校でもたくさん罹っています。この寒さが追い打ちをかけなければいいのですが。

うがい、手洗い、しっかりさせたいと思います。

yanagimd先生

確かに、御紹介頂いたHPは、リンパ節に関して、詳しく記載されていますね。
リンパ節に関しては、娘さんが、何か訴えなければ、お母さんは、忘れて、他の事に専念された方が良いでしょう。
寒さは、もう1週間程の忍耐でしょう。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
4,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

無料で見られるQ&A

Q

子供の手足口病の疑い

よろしくお願いします。子供は6才です。 子供の手足口病について教えてください。 4日前に手足口病の3才の子と遊びました。汗疹とおもっていたのが、手足口病だったようです。湿疹は水疱がある感じではなく、友達ももう咳とかからはうつらないよ!ってことだったのですが、その次の日そのお母さんが手足口病になりました。 うちの子はまぁ大丈夫だろうと思っていたら、今日熱は37℃5分くらいですが 手に1つだけ、ポツっとできています。 手足口だった場合どうしたらいいですか? 小学生なので、学校のこともあるしこの程度でも診察してもらう方がいいですか? 今日が土曜日で、明日明後日は病院がやっていないので迷っています。 (10歳未満/女性)

10歳未満/女性
Q

大人の手足口病

いつもお世話になります。 息子の手足口病が主人に感染してしまいました。 39度代の発熱と喉の湿疹から始まり今日で4日目ですが、手足の湿疹が酷く強い痛みもあるようです。 手足口病には特効薬がないということなので、初日に内科を受診して以降は受診していませんが、このような痛みはやはりひたすら我慢するしかないのでしょうか? PL顆粒を飲んでいますが、痛みは引かないようです。 また、先程赤っぽい尿が出たというのですが、手足口病で血尿が出ることはあるのでしょうか? 関係ないかもしれませんが、今日は水分をあまり摂らなかったそうです。 最後に、息子から主人に感染した手足口病が、また主人から息子に感染することはあるのでしょうか? よろしくお願いいたします。 (30代/男性)

30代/男性
Q

子宮頸がん検診で精密検査

今月子宮頸がん検診を受けて結果が届いたところ、要精密検査でした。去年まで異常なしだったのですごく不安で、検診をしてもらった産婦人科を受診しました。そこで精密検査をしたときに先生から診たところ異形成かなぁと言われました。軽度から中度かなぁとも…。ガンではないよと言われましたが、異常とか異形成と言われると心配も消えず…結果にもよりますが、正常に戻ることは可能ですか?来月結婚するので妊娠も希望しています。異形成でも妊娠、出産できますか? (20代/女性)

20代/女性
Q

こどもの自閉症の可能性

乳児の共同注意について。1歳1か月になる乳児です。後方の指差し追従ができません。こちらの視線をおってその方向をみるとゆうのもはっきり感じられません。この時期にこれができていないのは自閉症の可能性ありですか? 視線はあい、いないいないばー遊びします。要求の指差し、手さしありますがこちらを見るときと見ない時とあります。おもちゃを電話のようにする見たてもでき模倣もできています。 言葉の理解はありで、頂戴、どうぞなどは「はい」とゆってしてくれます。言葉は、アンパンマンを指差しパンパンとゆったりおっぱいをパイとゆったりします。あと家族の名前をゆうとその人の顔をみたり指差したりします。 指差し追従が気になります。視野内の指差しは名詞をつけてゆうとてきているようですが、名詞なしで「あれ、みて」だとむかない時あります。自閉症の可能性ありですか? (乳幼児/女性)

乳幼児/女性
Q

マンモグラフィの1方向と2方向の差

マンモグラフィ-で乳癌検診をしようと思いました。市民健診では50歳以上なので1方向した取らないらしく費用もかなり低めに設定されてます。2方向だと自費になると言われました。去年7月に無料で市民健診では1方向で異常なしでした。 やはり2方向のが方が良いのはあたりまえだと思いますが、どちらか良いのでしょうか? (50代/女性)

50代/女性

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
4,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。