Q

長引く咳の今後の治療方法と妊娠や授乳への影響

私は4歳の時に特発性肺ヘモジデローシスを発症し現在に至ります。(29歳、妊娠8ヶ月) 現在血痰は風邪をこじらした時に少々出ますが重度ではありません。日常生活も送れています。しかしもう何年も日常的に咳が出ます。空咳や湿った咳で痰を伴う咳両方出ます。特に朝方、午前中、就寝前が酷いです。妊娠する前はレルベアとIPD、ビソルボン、メジコンを使っておりましたが、あまり咳は改善しませんでした。ホクナリンテープも試しましたがあまり効果はでず。この中ではIPD が一番効いていたのでは?と感じます。そこでこの慢性的な咳はやはり肺ヘモジデローシスに起因するものでしょうか?気管支喘息が出ている可能性があると言われましたが気管支拡張薬が効かない、ヒューヒューや息苦しさがないと言う事はアトピー咳ではないのか?と疑問を持ってしまいます。今は妊娠中の為薬はレルベアのみですが、やはり薬を服用していた時に比べると咳が多いです。ここ2週間前から特に酷いです。毎年春先が酷くなります。恐らく花粉症も少々あるかもしれません。花粉症と診断を受けたことはないのですが。 (鼻水は年中白いサラサラしたものが出ます)それを呼吸器の先生に相談した所薬は念の為辞めた方がいいと、産婦人科の先生は見かねてアレグラを処方して下さいました。話がまとまらず申し訳ないのですが1今後私はどの様な治療が適しているか、どんな薬が効きそうかロイトコリエンかヒスタミンか?また、アレルギー検査等した方がいいのか?咳を止めたいです2またいずれかの抗アレルギー剤が効いた場合、今後単発的に使用するのではなく、年中飲み続けても今後の妊娠や第2子の妊娠、授乳に影響するか教えて頂ければ大変嬉しいです。自分の身体を整え、赤ちゃんも元気でいてほしい、という気持ちで必死です。長々と申し訳ありませんが、お力添えを頂きたく思います。
(20代/女性)

質問者:ジュリ さん

3人の医師からの
回答があります

池澤 孝夫 先生 プロフィールを見る

池澤 孝夫 先生による、ジュリさんの長引く咳の今後の治療方法と妊娠や授乳への影響への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。